ページの先頭です。

2013/05/09 11:20

ニュース

IIJ、世界進出を支援するクラウドを訴求、国内最大規模のITイベントで

 インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、5月8日、東京ビッグサイトで開催されている国内最大規模のITイベント、Japan IT Week 2013【春】(5月8日~10日)に出展し、自社ブースでグローバル戦略について講演した。

 グローバル事業本部グローバル統括部の清水博部長(マーケティング担当)は、世界に進出するユーザー企業が抱えるITの課題と、IIJが提供する解決策を語った。清水部長は、まずユーザーが抱える課題について触れ、「海外に進出する企業の経営者は、日本の情報システムよりもスピーディで安く、効率的に海外拠点のシステムをつくってほしいと思っている。情報システム管理者は、その要望に応えていかなければならない。例えば『半年後にミャンマーに進出するから、それまでに必要なITインフラを用意しておけ』と経営陣から言われることも考えられる」として、海外拠点のシステム構築・運用では「スピード」「安価」「効率」がキーワードになると訴えた。

講演するIIJの清水博部長

 そのうえで、解決策を明示。「海外拠点のシステムの利用形態はクラウドが最適」と強調し、IIJのクラウドサービスについて「AT&Tのアウトソーシングサービス事業を継承したことによるグローバルサービスのノウハウと、世界6か国10都市をカバーするサービス基盤がある」と、強固なインフラとスキルが強みであるとした。

 パートナー企業との協業体制にも触れ、「海外拠点のシステムで欠かせないのがERP(統合基幹業務システム)。IIJは、海外でも実績がある大手ERPベンダーと組んで、IIJのクラウド基盤で他社のERPを稼働できる体制を敷いている。ERPシステムを海外ですぐに稼働させたいという要望に、さまざまな国で応えることができる」と語った。

 ブースでは、講演だけでなく、IIJのさまざまなクラウドサービスを展示しているほか、協業するERPベンダーの製品・サービスも紹介。パートナーの製品・サービスと組み合わせたIIJのグローバルクラウドサービスを提案している。

「Japan IT Week 2013【春】」のIIJブース。グローバルを鮮明に印象づけている

パートナー各社のソリューションも展示。パートナーとの強固な協業体制も訴える

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)