ページの先頭です。

2013/05/21 17:37

ニュース

NTTアイティ、ハイエンド向けデジタルサイネージソリューションを刷新

 NTTアイティ(長谷雅彦社長)は、NTTグループが進めるデジタルサイネージソリューション「ひかりサイネージ」の「Pシリーズ」を刷新し、ハイエンド向けデジタルサイネージシステムとして5月20日に発売した。

 新しい「Pシリーズ」は、ピーディーシー(菅原淳之代表取締役)の実績とノウハウを用い、遠隔自動設定をはじめとする運用支援機能を多数実装したもの。これまで設置現場で作業員が行っていた設定作業(画面の解像度、周波数、縦横変換やコンテンツ表示テストなど)を、ウェブ経由で遠隔自動設定することができる。また、デザインテンプレートによる簡単放映機能によって、コンテンツを毎回制作しなくても、テキストや写真をコンテンツマネジメントシステム(CMS)に簡単に登録して放映できる。

 グローバルに情報を配信するための多言語(日/英/中/韓)に対応したシステム・ユーザーインターフェイスを装備。デジタルサイネージの海外展開ニーズに対応する。

 オプションとして、顔認証システムと連動したマーケティング機能を提供。来場者の性別や年代に合わせたコンテンツ制御に対応する。商業施設などでは、性別・年齢に最適なコンテンツを提示することで、創客・誘客のマーケティング活動を支援する。

 PCやスマートフォン、Android端末など、さまざまなデバイスに配信できるマルチデバイスに対応。Android端末向けは10月発売予定。

 さらに、利用環境に応じて「ひかりサイネージ」製品を選択できるよう、製品ラインアップをリニューアルした。これまで「Pro・Basic・Lite」の3つのシリーズで提供してきたラインアップを見直し、ネットワークの利用形態別に「オンプレミス・クラウド」の二つを用意する。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)