ページの先頭です。

2013/06/05 18:54

ニュース

日立システムズ、iPadの活用で保守・営業部門のワークスタイル改革を推進

 日立システムズ(高橋直也社長)は、顧客への提案力強化などを目的に、iPadを保守・営業部門に2000台配備した。

 日立システムズは、スマートデバイス(スマートフォンやタブレット端末など)の業務利用を検討する企業向けに、導入計画から運用・保守・セキュリティ対策・ヘルプデスクまでをワンストップで提供する「スマートデバイストータルマネージドサービス」を2012年3月に始めた。今回、同サービスを自社に導入し、iPadを保守員と営業員に2000台配備、業務での利用を開始した。

 端末の初期設定やアプリケーションソフトのインストール、セキュリティを確保するための端末管理サービスの導入などを、1か月で最大1万5000台の設定作業が可能な自社のキッティングセンターで実施した。

 今後、日立システムズは、営業が顧客との折衝報告をiPadから手軽に実施できるSFAシステムの導入を進めるほか、社内業務をiPadで手軽に利用することができるように、業務システムの増強する。また、音声を含めた動画のプレゼンテーション資料の準備も進め、顧客に自社商品をわかりやすく提案できる環境を構築する。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月27日付 vol.1634
[限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

2016年06月27日付 vol.1634 [限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)