ページの先頭です。

2013/06/06 09:24

[週刊BCN 2013年06月03日付 Vol.1483 掲載]

ニュース

システムサポート AWSの専用線サービスを開始 TOKAIコミュニケーションズと協業

 石川県のSIer、システムサポート(STS、小清水良次社長)は、5月1日、AWS(Amazon Web Services)の事業でTOKAIコミュニケーションズ(鴇田勝彦社長)と協業し、STSが提供するAWSの設計・構築・運用支援サービス「クラウド工房 powered by AWS」と、TOKAIコミュニケーションズのキャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」を組み合わせた専用線サービスの提供を開始した。

今村哲也 部長
 「クラウド工房」は、システムサポートが2012年10月に開始したAWSの設計・構築・運用支援サービスだ。自社システムのクラウド環境への移行を検討するユーザー向けに、移行方法の提案やコストの算出、構築支援などを行う「クラウドコンサルティングサービス」のほか、「運用支援サービス」、「管理コンソールサービス」、クラウド上でWindowsファイルサーバーを利用できる「Webファイルサーバサービス」、ファイルサーバー内のデータを日時でクラウド上にバックアップする「Webバックアップサービス」などのメニューを用意している。東京支社インフラソリューション事業部テクニカルアーキテクト部の今村哲也部長は、「AWS関連のサービスを提供している企業はほかにもあるが、運用に焦点をあてて管理コンソールを提供しているのは当社だけ。既存のAWSユーザーにも利用してもらえる」と競合との差異を語った。

 今回、TOKAIコミュニケーションズのキャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」を利用して、セキュアなVPNや専用線経由でAWSに接続できる「ネットワークサービス」をメニューに追加。ユーザーは、ハードウェア、ネットワーク、クラウドのそれぞれを個別の企業と契約する必要がなく、システムサポート一社で完結してAWSをすみやかに利用することができる。

 「クラウド工房」の利用料は、サービスメニューやユーザーのシステムごとに異なるが、一定分まで固定料で利用できる「月額固定パックサービス」や、AWSのドル建てカード決済をシステムサポートが代行し、ユーザーに日本円で請求する「決済代行サービス」を用意して、ユーザーが利用しやすい料金体系を整備している。

 今村部長は、「自社システムのフルクラウド化を検討する企業が増えている。年商300億円以下の中堅・中小企業(SMB)をメインターゲットとして、今後3年間で年間2.5億円の収益を上げることができるサービスにしたい」と意欲をみせている。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)