ページの先頭です。

2013/06/06 16:05

ニュース

アラクサラ、クロスオーバー型レイヤ3スイッチの新製品

 アラクサラネットワークス(アラクサラ、滝安美弘社長)は、6月5日、コストパフォーマンスと拡張性が高い新コンセプト「クロスオーバー型」のレイヤ3スイッチ「AX4600Sシリーズ」を発表した。

 クロスオーバー型スイッチは、複数のインターフェースに対応する処理の一部を、ボックス型スイッチと同様のエンジンに統合する。高いコストパフォーマンスを維持しながら、必要に応じて交換可能なネットワークインターフェースモジュールを搭載できるので、拡張性も高いのが特徴。新製品「AX4600Sシリーズ」は、1Gbps/10Gbps/40Gbps/100Gbpsなどの各種インターフェースを混載することができ、サービスモジュールカード(SMC)も搭載できる。

 「Virtual Redundant System(VRS)」によって、2台の装置を1台の装置として扱うこともでき、ミッションクリティカルな用途での高信頼な冗長システムの構築や、ネットワーク容量の増設が可能だ。プロトコルアクセラレータ(PA)を搭載し、回線の冗長切り替え処理などの高速化を実現する。

 第1弾として発売する「AX4630S-4M」は、コンパクトな高さ2Uのきょう体で4つのインターフェースモジュールを搭載可能。スイッチング容量は2.24Tbps。1Gbpsまたは10Gbpsインターフェースを最大96ポート、40Gbpsインターフェースを最大28ポート搭載できる。また、VRS接続のための40Gpbsインターフェース4ポートを背面に搭載する。

 税別価格は370万円から。同社は、2013年度下期から「AX4600Sシリーズ」の出荷を予定しており、今後3年間で1000台の販売を見込む。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)