ページの先頭です。

2013/07/09 08:49

ニュース

<WPC 2013>米マイクロソフト、二つのパートナー向け販売プログラムを発表、タブレットと「Office 365」拡販

【ヒューストン発】米マイクロソフト(スティーブ・バルマーCEO)は、現地時間の7月8日、「Microsoft Worldwide Partner Conference 2013(WPC 2013)」で、二つの新たなパートナー向け販売プログラムを発表した。

 初日の基調講演で、タミ・レラーWindows担当CMO兼CFOが発表した新販売プログラムは、「TouchWins」と「Microsoft Office 365」の販売プログラム「Office 365 Open」の内容拡充。

新販売プログラムを発表したタミ・レラーWindows担当CMO兼CFO

 「TouchWins」は、「Windows 8 Pro」搭載のパソコンやタブレット端末など、マイクロソフトが定めた端末を認定ディストリビュータまたはリセラーが販売したとき、インセンティブを支払うもの。

 一方「Office 365 Open」は、対象のライセンスを拡充。これまで「Office 365 Open」では、中堅規模向けのライセンスだけが対象だったが、新たに大規模向けや最上位バージョン、教育機関と政府機関向けのライセンスも対象にした。企業の規模や業種を拡大することで、複数の販売パートナーが売りやすいようにした。

 「WPC 2013」では、デバイスとクラウドを中心としたサービスの拡販を強く訴え、このコンセプトのなかで「Windows 8」と「Office 365」は戦略商品の位置づけにある。世界160か国からパートナーが集まるイベントで告知することで、パートナーの販売意欲をかき立てて拡販に結びつける。(木村剛士)

会場には世界約160か国から1万6000人が詰めかけた

<Worldwide Partner Conference 2013(WPC 2013)レポート>
米マイクロソフト、二つのパートナー向け販売プログラムを発表、タブレットと「Office 365」拡販

<昨年の「WPC 2012」レポート>
米マイクロソフト、トロントでパートナー向けイベント「WPC 2012」を開催へ、日本からの参加は過去最多
米マイクロソフト、「Windows 8」正式版の発売日は10月末、パートナーイベントで明らかに
日本マイクロソフトのパートナー戦略の要、佐藤恭平業務執行役員に聞く「今年のWPC」
米マイクロソフト、「Microsoft Office 365」の新販売プログラムを発表
米マイクロソフト、「Microsoft Country Partner of the Year」に大塚商会を選出
米マイクロソフト、ケビン・ターナーCOOが基調講演に登場、他社との比較資料を多用して示した競合との違い

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)