ページの先頭です。

2013/08/29 09:26

[週刊BCN 2013年08月26日付 Vol.1494 掲載]

ニュース

ソフトバンクBB 「XP マイグレーションセンター」を開設 OS移行の効率化と生産性向上を訴求

 ソフトバンクBB(孫正義社長)は、来年4月9日のWindows XPのサポート終了に合わせて、ユーザーのOS移行に関する技術的支援などの相談に対応する「ソフトバンクBB XPマイグレーションセンター」を7月23日に開設した。OSのマイグレーションに伴う「PC/OSのデータ移行」「クライアントアプリの延命・移行」「ワークスタイル移行」「移行先の推奨クライアント」の四つの観点で商材を提案している。

 「ソフトバンクBB XPマイグレーションセンター」では、「PC/OSのデータ移行」について、主に移行先PCのセットアップを効率化するソフト「Symantec Ghost Suite Solution」を提案している。ビジネスソフトウェア統括部第2マーケティング部の加藤丈晴部長は、「新規PCのマスターイメージを作成して、数百台ものクライアントに一元的に展開できる。一台ずつセットアップする負担を大幅に軽減できる」と説明する。さらに、使用済みPCのデータを完全に消去する機能を搭載しており、廃棄するPCからの情報漏えい対策に役立てることができる。

 「クライアントアプリの延命・移行」については、アプリケーション仮想化ソフト「VMware ThinApp」を提案。仮想化ビジネス統括部の友秀貴統括部長代行は、「当社は、『VMware ThinApp』を活用して、XPから移行できなかったアプリケーションについて、約10万台分を延命した実績がある」とアピールする。同社のアプリケーション仮想化の売上高は、12年度に前年度に比べておよそ3倍に成長しており、数億円規模のビジネスになっている。「今年度も同じ程度の成長を見込んでいる」(友統括部長代行)という。

 「ワークスタイル移行」については、日本マイクロソフトのクラウドサービスとソフトバンクBBのサポートを組み合わせた「BBWorks Office 365」を提案。モバイルクラウドビジネス統括部の伊藤孝太統括部長代行は、「OSの移行を機に、Officeを刷新するユーザーは多い。『BBWorks』では、1ユーザーあたり5デバイスまでインストールすることができ、アップデートの手間もかからないので生産性の向上に寄与する。また、タブレット端末とWi-Fiルータ、『BBWorks』をまとめて月額で提供するメニューも用意してある」と説明する。

 「移行先の推奨クライアント」については、国内外12社のデバイスベンダーのクライアントPCを用意。ユーザーのニーズに柔軟に対応する体制を敷いている。(真鍋武)

(左から)ビジネスソフトウェア統括部第2マーケティング部の加藤丈晴部長、仮想化ビジネス統括部の友秀貴統括部長代行、モバイルクラウドビジネス統括部の伊藤孝太統括部長代行

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)