ページの先頭です。

2013/10/02 20:09

ニュース

システムサポート、情報収集とITサービスを担う子会社をシリコンバレーに設立

 石川県のSIer、システムサポート(STS、小清水良次社長)は、情報収集やITサービスの提供を目的に、米国カリフォルニア州に100%出資の子会社STS Innovationを設立し、10月1日に営業を開始した。

 STS Innovationは、資本金が30万USドルで、代表は小清水社長が兼務。米国の最新のICT技術動向や市場動向の調査と、日系企業をターゲットとしたITサービスの提供を事業とする。

 小清水社長は、ITサービスの提供に関して、「米国のサービスを日本の顧客に提供する“アウト・イン”、日本のサービスを米国の日系企業へ提供する“イン・アウト”、米国のサービスを米国の日系企業へ提供する“アウト・アウト”の三本柱を構築する。とくに、米国に進出している日系企業は、IT化があまり進んでいない。米国でITサービスを提供している日系ITベンダーも多くはないので、当社が活躍できる領域は大きい」と説明した。

小清水良次社長

 STS Innovationでは、すでに現地で情報システム部門をもたない日系企業に対して、マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」の導入支援と、「Microsoft SharePoint」をベースとした業務システムの開発提案を行っている。また、「Office 365」と連動する人材マネジメント特化型のERPクラウドソリューション「Project and Service Management システム On-Office365」を開発中で、来年3月には米国に進出している日系企業を中心に提供する。(真鍋武)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)