ページの先頭です。

2013/10/21 18:43

ニュース

BCN カンファレンス 2013、クラウド時代のITの「売り方」を提示、九州・国際テクノフェア2013と併催

 BCN(佐藤敏明社長)は、10月18日、北九州市でIT製品・ソリューションの販社・SIerなどを対象としたセミナー「BCN カンファレンス 2013」を開催した。情報通信技術・製品の展示会「九州・国際テクノフェア2013」との併催。地元企業関係者を中心に、60人を超える参加者が熱心に聴講した。

 基調講演に立ったネットコマースの斎藤昌義代表取締役CEOは、「クラウド+(プラス)のシナリオ、地元だからできるポストSI時代のビジネス戦略」をテーマに熱弁を振るった。斎藤CEOは、「クラウド時代の到来によって、従来型のシステム・インテグレーションが縮小するのは間違いないが、大切なことは、クラウドによってもたらされる本質的な変化に着目してビジネスの転換を考えること」と指摘した。

 そのうえで、「顧客のIT投資にはコア業務への回帰傾向があり、IT部門から業務部門に予算がシフトしていく。この流れに乗るためには、顧客にとっての価値向上にフォーカスして、人月単位ではない新しい収益モデルを模索するべき」と強調。これからのSIビジネスのあり方については、「仕様通りのコードの完成を目指すのではなく、マッシュアップ開発やアジャイル開発で、スケーラビリティやアジリティを重視した極力“つくらない開発”や“納品のない開発”を指向し、システムではなくサービスのインテグレーションに視点を移すのが生き残りのポイント」と持論を展開した。

ネットコマースの斎藤昌義代表取締役CEO

 続いて、ソリューションベンダー3社が、それぞれのセッションで自社の商材を参加者にアピールした。NECキャピタルソリューションICTアセットソリューション部の荒谷茂伸シニアディレクターは、モバイルセキュリティソリューションをPR。「モバイル環境のセキュリティレベルは社内システムのセキュリティレベルと同レベルに保つ必要があり、そのためにはSaaSのセキュリティソリューションを導入すべき」と話し、このニーズに対応したサービスとして、MDM、リモートワイプ、暗号化、クラウド型マルウェア対策などを紹介した。

 参加者に対しては、「当社の商材を担いでいただけるなら、コミットメントはなく、一回限りの商談でも構わない。モバイルデバイスを使いたいユーザーへの提案の一つのエッセンスとして検討していただきたい」と呼びかけた。

NECキャピタルソリューションICTアセットソリューション部の荒谷茂伸シニアディレクター

 日本マイクロソフトSMBマーケティング本部の川瀬透エグゼクティブマーケティングスペシャリストは、Windows XPのマイグレーションに合わせ、クラウド型グループウェア製品「Office 365」を提案することで「商談単価を拡大できる」と提案した。

 パートナー向けに「Office 365」の販売プログラムも紹介。認定ディストリビュータのリセラーとして販売する方法や、ユーザーの「指名パートナー」として日本マイクロソフトの直販を仲介し、場合によっては「Office 365」を核としたソリューション構築も手がけて手数料を受け取るモデルがあることを説明した。川瀬エグゼクティブマーケティングスペシャリストは、「より手厚く金銭的に支援しているのは後者」と話し、このプログラムの積極的な利用を訴えた。

日本マイクロソフトSMBマーケティング本部の川瀬透エグゼクティブマーケティングスペシャリスト

 企業向けに特化したセキュリティソリューションのベンダー、ソフォスからは、チャネル営業本部の鈴木敏通シニアマネージャーが登壇。ユーザー社内のネットワークセキュリティ対策製品として多くの実績があるUTMや、モバイルデバイスを含むすべての端末に対するエンドポイント対策として、MDMソリューション「Sophos Mobile Control」を紹介した。

 鈴木シニアマネージャーは、「セキュリティは、イコールアンチウイルスではない。大事なのは情報を守ること。ソフォスのUTMやMDMは、必要な機能をオールインワンでシンプルに提供できる」と、製品のメリットを説明した。

ソフォス チャネル営業本部鈴木敏通シニアマネージャー

 このほか、『週刊BCN』の谷畑良胤編集委員が、これからのIT商材の売り方について、ユーザーのニーズや市場のトレンドを踏まえ、あるべき方向を解説。「クラウドがドアノックツールとして通用するのはあと2年。ITシステムの棚卸しをしたうえで、所有するものと利用するものを選別して提案する必要がある。重要なのは、テクノロジではなくサービスレベル」と指摘した。(本多和幸)

谷畑良胤『週刊BCN』編集委員

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)