ページの先頭です。

2013/10/30 17:58

ニュース

日立ソリューションズ、BIツールを日立の高速データアクセス基盤に対応

 日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、BI(ビジネスインテリジェンス)環境を実現する「SAP BusinessObjects導入サービス」で、日立製作所(日立、中西宏明社長)の高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」に対応し、ビッグデータを短時間で分析・可視化するソリューションを2014年1月6日に発売する。

 「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」は、非順序型実行原理という新理論を採用することによって、従来の日立製データベースの約100倍という検索性能を実現。これによって、データマート(中間集約データベース)を削減して、データ発生から分析までの時間を大幅に短縮し、データ利活用を促進することができる。また、企業のシステム導入コストを低減する。

 日立ソリューションズは、「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」と、BIツール「SAP BusinessObjects BI solutions」を組み合わせることによって、各種業種・業態の顧客が保有するビッグデータを即座に分析して見やすいかたちで表示し、意思決定を支援するソリューションを提供する。すでに、日立が10月30日に販売を開始した「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」の新モデルと「SAP BusinessObjects BI solutions」を組み合わせた動作検証を実施し、最適な動作環境を提供できるようになっている。

 日立ソリューションズは、今後、これまで以上にBI/BAの分野に力を入れ、15年度、ビッグデータ関連事業で売上高100億円を目指す。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)