ページの先頭です。

2013/12/04 17:43

ニュース

ファイルメーカー、50を超える新機能を搭載した最新版「FileMaker 13」を発売

 ファイルメーカー(ビル・エプリング社長)は、12月4日、ビジネス効率を上げるための次世代プラットフォーム「FileMaker 13」製品の日本での販売を開始した。

 新バージョン「FileMaker 13」は、50を超える新機能を搭載。部課単位などのワークグループで使うビジネスソリューションをiPad/iPhone/Windows/Mac/ウェブ向けに、テーラーメードですばやく簡単に構築し、生産性を向上する。

 主な新機能として、HTML5ブラウザ・ベースの新しいテクノロジー「FileMaker WebDirect」を提供。プログラミングのスキルがなくても、部課単位のワークグループで使うデスクトップスタイルのソリューションを作成して、ウェブブラウザに展開できる。

 また、スライドコントロール、ポップオーバー、ジェスチャーを使ったレコード間の移動など、iOSの操作性をサポートしたiPadやiPhone向けのソリューションを作成するツールを用意。iPadやiPhoneのレイアウトを一工程で作成できるので、シングルクリックで内蔵カメラを使ってバーコードをスキャンしたり、データ入力をスピードアップさせるカスタムキーボードを表示させたりするiOSソリューションを作成できる。

 デザイン機能には、カスタムテーマとスタイルの共有、データフィールドをデザインレイアウトにドラッグ&ドロップできる機能など、大きな改良を加えた。

 AES 256ビット暗号化技術によって、より堅牢なセキュリティを実現。iPad/iPhone/デスクトップからサーバーまで、どこにデータがあっても保護することができる。暗号化を有効にするには「FileMaker Pro 13 Advanced」を使用する。

 ソリューション開発技術者のための機能も強化。ビジネスロジックに従って画面上のオブジェクトを表示/非表示にする機能や、ウェブアプリケーションとの簡単な統合など、機能を拡張している。

 税別価格は 「FileMaker Pro 13」が3万8000円、「FileMaker Pro 13 Advanced」が6万3000円、「FileMaker Server 13」が9万9000円(ボリュームライセンスのみ)。また、年間利用契約のAVLA(アニュアル ボリューム ライセンス アグリーメント)の場合は、「FileMaker Pro 13」が1万1400円、「FileMaker Pro 13 Advanced」が1万8900円、「FileMaker Server 13」が3万3000円で利用できる(年払いのみ/最低購入数制限あり)。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)