ページの先頭です。

2013/12/19 09:18

[週刊BCN 2013年12月16日付 Vol.1510 掲載]

ニュース

Zabbix Japan ユーザーにOSS開発へのフィードバックを求める アプライアンス製品の利点もPR

 Zabbix Japan(寺島広大代表)は、11月22日、都内で「ZabbixカンファレンスJapan 2013」を開いた。同社は、エンタープライズ向けのオープンソース統合監視ソフトウェア「Zabbix」を開発・展開するラトビア・Zabbixの日本支社で、Zabbix初の海外支社。例年、Zabbixは、グローバルでユーザー、エキスパートが最新の技術情報や導入事例などを共有するための年次イベントを開いていたが、日本支社設立を機に、今年初めて日本でもカンファレンスを開催した。

寺島広大
Zabbix Japan代表
 寺島代表は、「日本市場におけるZabbixの現状と今後の取組み」について講演。同氏は、日本のZabbixコミュニティの創設者であり、Zabbix Japanの発足前に、ラトビアのZabbix本社でテクニカルサポートエンジニアとして勤務した経験をもつ。同氏がZabbix本社に勤務するようになったことで日本語でのサポートが可能になり、日本のユーザーが急拡大し、日本支社発足に至ったという経緯がある。

 すでに22社の国内ITベンダーがパートナーに名を連ねているが、寺島代表は、「OSSであるZabbixは基本的にすべての機能を無料で使ってもらえる。だからこそ、開発サイクルはユーザーやパートナーからのフィードバックがあってこそ成り立つ。日本のユーザーは外になかなか情報を出してくれない傾向があるが、どんなかたちでもいいので、フィードバックをたくさんしてほしい。日本とラトビアを結んで、ソフトウェアの向上に貢献していきたい」と、参加者に訴えた。

 カンファレンスではこのほか、パートナーの関連ソリューションや導入事例を紹介。Zabbix Japanは、ぷらっとホーム(鈴木友康社長)製のハードウェアを採用したアプライアンス「Zabbix Enterprise Appliance」も展開しているが、ぷらっとホームの担当者が、このアプライアンス製品のメリットを解説。「企業システムやネットワークに監視システムは必要不可欠だが、導入時にハードウェアやOSの選定、各種ソフトウェアのインストール、設定作業などが必要で、手間がかかる。こうした課題を解決するのがアプライアンス」と説明した。また、これらのメリットによって、「中小規模の企業でも監視システムを導入しやすくなる」とも述べた。(本多和幸)


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)