ページの先頭です。

2014/01/22 17:23

ニュース

クラウディアン、NTT東日本がクラウド・オブジェクトストレージ製品を採用

 クラウディアン(太田洋代表取締役)は、1月21日、NTT東日本(山村雅之社長)が提供するフレッツ光契約者向けオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~る」のストレージ基盤に、クラウド・オブジェクトストレージ製品「Cloudian」が採用されたと発表した。

 「フレッツ・あずけ~る」は、写真や動画などのデータをインターネット経由でオンラインストレージに格納し、共有・閲覧ができるフレッツ光契約者向けのサービス。5GBまでは無料で、フレッツ光メンバーズクラブ、リモートサポートサービス、オフィスまるごとサポートの利用者は10GBまで無料。パソコン以外にも、スマートフォン、タブレット端末などからも利用できる。

 「Cloudian」は、一般的にハードウェア・アプライアンスとして提供される専用ストレージ装置とは異なり、汎用的なサーバーをハードウェアに利用するソフトウェアベースのオブジェクトストレージ製品。複数サーバーの多数の内蔵ディスクを一つの大きなストレージ領域として統合制御し、大量のデータを経済的に、信頼性を確保しながら格納する。

 「Cloudian」が採用するオブジェクトストレージ方式は、ディレクトリのような階層構造ではなく、フラットな構造にデータを格納する。データの移動などを柔軟に行うことができるため、利用者数やデータ量増加に迅速、柔軟に対応する必要があるサービスやシステムのストレージ方式として注目を集めている。オブジェクト単位のID(識別子)がURLで、インターネット経由でのデータの読み書きに適している。また、オブジェクトごとにダウンロード回数などのカスタマイズした属性情報を付与できる。

 こうした特徴から、「フレッツ・あずけ~る」のような大規模なウェブサービスのストレージ基盤に加えて、プライベートクラウドやエンタープライズITの分野でも、汎用サーバー2台という小規模からスタートし、データの増加とともに大容量に拡張できる低コストのストレージ基盤として活用することができる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)