ページの先頭です。

2014/02/18 18:42

ニュース

サイボウズ、14年度は利益ゼロ予想、クラウド事業に投資

 サイボウズ(青野慶久社長)は、2月17日、2013年度(13年12月期)の決算説明会を開催した。青野社長が、引き続きクラウド事業に積極的に投資していくこと明らかにした。

 13年度の連結業績は、売上高が51億9700万円だった。前年度は決算期変更の影響で11か月決算だったので、単純計算はできないが、13年度は前年度比で約10億円の増収になった。

 一方、13年度の営業利益は2億8800万円で、利益率は前年度の11.9%から5.5%へと低下した。青野社長は、「第3四半期が終わった段階で営業利益は6億8700万円あったが、クラウド事業は成長の流れにあり、思い切ってクラウド関連サービスの開発や広告宣伝に投資した」と説明する。

 実際に、11年11月に提供を開始したサイボウズの独自開発クラウド基盤「cybozu.com」の有料契約社数は、毎月200~300社のペースで増え続け、今年2月時点で6000社を突破。13年度の「cybozu.com」の売上高は、全体の17.3%を占める8億9700万円まで拡大している。

 14年度は、「cybozu.com」の顧客数拡大に拍車をかけるために、クラウド関連サービスの開発費や広告宣伝への投資をさらに強化する。期初予想では、14年度の連結売上高を今年度比3.9%増の54億円、営業利益・経常利益・純利益はゼロとした。青野社長は、「予想売上高の54億円は最低限の数字。ここからどれだけ伸ばせるかという気持ちで進めていく。利益はゼロとしたが、Amazon Web ServicesやSalesforce.comは、利益を出さないまま規模を拡大している。これに対抗したい。財務的には十分に安定しているので、心配はしていない。すでにクラウドでも利益を出すことができる状態にある」と意欲を示した。

 14年の活動方針は、エコシステムの推進として、クラウドインテグレータ(CIer)との協業を進めるほか、大企業向けグループウェア「Garoon」のメジャーバージョンアップを図り、クラウドアプリ開発基盤「kintone」と組み合わせるなどして、大規模組織への提案を強化する。また、「cybozu.com」のインフラへの投資拡大や、社員教育の強化などで、信頼性の向上に努める。

 説明会には、「kintone」のパートナー企業を代表してウフルの園田崇社長が登場。ウフルは、Amazon Web ServicesやSalesforce.comなど、海外ベンダーのクラウド製品のインテグレーション事業を展開している。今回、初めて国産のクラウド基盤として「kintone」の取り扱いを開始した。園田社長は、協業の理由について、「海外のクラウドプラットフォームを組み合わせて導入することを提案しているが、お客様からは『日本のプラットフォーム上にアプリケーションを置いておきたい』という問い合わせは多い。『Kintone』は運用実績もあり、お客様に対して胸を張って提供できる国産で最初のプラットフォームだ」と話した。(真鍋武)

サイボウズの青野慶久社長(左)とウフルの園田崇社長

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)