ページの先頭です。

2014/02/26 21:00

ニュース

ブランドダイアログ、脳の記憶補助つきCRM/SFAを開発、今春発売へ

 ブランドダイアログ(稲葉雄一社長兼CEO)は、脳の記憶補助技術など、特許出願中の3種類の技術を搭載したクラウド型の次世代CRM(顧客情報管理)/SFA(営業支援システム)「GEOCRM.COM(ジオシーアールエムドットコム)」を開発した。今春製品化し、富士通マーケティング(FJM)などの代理店を通じて販売する。

「GEOCRM.COM」の画面。3ステップで簡単に営業報告ができる機能を搭載するなど、使いやすさにこだわったユーザー・エクスペリエンスを実現した

 「GEOCRM.COM」は、顧客データの管理や営業情報の蓄積だけでなく、「営業が苦手な社員を営業上手にする」(稲葉社長)新しい技術を搭載している。

 新機能として、顧客データベースにSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を含むインターネット上にある情報を組み合わせて顔写真を自動的に付与したり、GoogleGlassなど、ウェアラブルデバイスと画像認識技術を生かした脳の記録補助技術を使って本人承認を前提とした写真つきデータベースを構築したりする機能を搭載。さらに、GoogleMapを活用して緯度経度のずれを補正し、住所が変わることなく正確な位置にする機能などを備えるほか、スマートデバイスに現在地近辺の顧客情報や営業情報をプッシュで表示するなど、外出先での効率的な営業活動を実現する。

 稲葉社長は「コンセプトは、『フィールドで活躍するすべてのモバイルワーカーへ~街を企業の情報ストレージに~』だ。極めて革新的なアプリケーションに仕上げる」と自信をみせる。発売は今春で、FJM、ニフティ、ウイングアークと連携し販売する予定だ。(谷畑良胤)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)