ページの先頭です。

2014/03/07 16:55

ニュース

イグアスとSOLIZE Products、3Dプリンタの販売で業務提携、米3Dシステムズ製品をトータル提供

 イグアス(iGUAZU、矢花達也社長)とSOLIZE Products(後藤文男社長)は、3月6日、米3Dシステムズ製の3Dプリンタの販売で業務提携すると発表した。

 イグアスは、2009年10月に米3Dシステムズのディストリビュータとして3Dプリンタ事業を開始。製造業向けや個人向けの3Dプリンタを中心に販売している。矢花社長によると、「13年度(14年3月期)は、3Dプリンタの本格的な普及が始まって、前年度比で2倍の売り上げ(10億円)になる見込み」という。

イグアスの矢花達也社長

 SOLIZE Productsは、金型エンジニアリングサービスを展開するSOLIZEのグループ企業。SLA(光造形)やSLS(レーザー溶融粉末造形)などの造形手法を採用した3Dシステムズ製の産業用3Dプリンタの販売・サポートを手がけ、「これまで約100社におよそ200台の3Dプリンタを販売してきた」(後藤社長)という。また、3Dプリンタを活用した試作サービスを提供し、専門性の高い技術・ノウハウを蓄積している。

SOLIZE Productsの後藤文男社長

 国内3Dプリンタ市場の伸びを受けて、両社は販売力の強化を目的に、4月に業務提携。これによって、両社が3Dシステムズ製の3Dプリンタをトータルで提供できるようになる。

 イグアスは、業務提携や好調に推移する市場を背景に、14年度は3Dプリンタ事業の売上高を20億円に拡大させる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)