ページの先頭です。

2014/03/24 17:05

ニュース

「kintone」クラウドで全国初のOEM、タイムコンシェルがサービス化

 高知県高知市のソフトウェア会社、タイムコンシェル(福島元幸社長)は、サイボウズのクラウド基盤「kintone」上で動くクラウドサービス「クラウドコンシェル」の提供を4月中に開始する。「kintone」に特化してサービスを提供するのは、全国のITベンダーで初めて。サイボウズはタイムコンシェルに協力し、サービスを地方で得意業種をもつシステムインテグレータ(SIer)などにOEM供給することを検討している。クラウドの提供に二の足を踏む受託ソフト会社などにも拡大を目指す。

タイムコンシェルの福島元幸 社長

「地方から全国展開する足がかりをつくる」と、「kintone」を基盤とするクラウドサービスの拡大に自信をみせる福島元幸社長

 2002年に創業したタイムコンシェルは、既存のデータベースやクラウドにも連携するアラートマネジメントシステム(汎用通知ウェア)「TIME CONCIER」という業界唯一の製品・サービスを開発・販売している。13年4月には、サイボウズのオフィシャルアライアンスパートナーになり、クラウド型データベース「kintone」の採用を決めた。

「クラウドコンシェル」のサービス内容を説明するホームページを作成中

 「クラウドコンシェル」は、既存のデータベースやクラウドに連携するアラートマネジメント「TIME CONCIER」と、Googleカレンダーやメール配信、帳票システム、BI(ビジネス・インテリジェンス)などで構成。「kintone」で連携すれば、他の製品・サービスを自由につなげられるクラウド総合サービスだ。

 最小構成のサービス料金は、提供開始に伴うキャンペーンで、CRM(顧客関係管理)がユーザー数無制限の月額8000円、「kintone」が1ユーザー月額880円。福島社長が「クラウド入門者から情報システム部門まで、幅広く利用できる」と語るように、初期導入費を抑えて簡単にクラウドを利用できる。

 具体的には、CRMを中心にSFA(営業支援システム)のデータを一元管理できるほか、顧客との関係性(潜在客/見込み客/既存客/固定客)に応じた情報をすべて記録できる。ユーザー企業の従業員なら、社内のパソコンや社外のスマートデバイスで、「誰でも簡単に、安価に貴重な顧客カルテを作成できる」(福島社長)。

 タイムコンシェルは、サイボウズの協力を得て、クラウドサービスを扱う意向をもったITベンダーを募り、OEM供給する。福島社長は「すでに、『住宅地盤業界特化型案件管理システム』と名づけた業界初のクラウドサービスを提供し、多くの顧客を獲得した。業種特化型で、一度に複数の業界を獲得できるソリューションとして販売できるITベンダーに提供したい」と話す。(谷畑良胤)

(詳細は『週刊BCN』4月7日号に掲載)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)