ページの先頭です。

2014/05/09 17:35

ニュース

セキュアソフトとアズジェント、IPSの運用監視サービスで協業

 セキュアソフト(姜昇旭社長)とアズジェント(杉本隆洋社長)は、5月8日、増加するサイバー攻撃に対する防御を目的に、セキュアソフトが提供する侵入防御システム「SecureSoft Sniper IPS」の運用監視サービスで協業すると発表した。

 「SecureSoft Sniper IPS」は、高い検知率とパフォーマンス劣化が少ないアプライアンスであること、管理画面が日本語で操作がしやすいことから、公共システムをはじめ多くの組織で利用されている。一方、アズジェントは、自社のセキュリティノウハウを集約した「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」を提供。エンドユーザーのセキュリティ機器を専門のアナリストが24時間365日運用監視し、セキュリティインシデントが発見された場合には、相関分析を実施、イベントの内容と必要なセキュリティ対策を提案する。

 協業によって、「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の対応デバイスとして、新たに「SecureSoft Sniper IPS」を追加。セキュアソフトは、「SecureSoft Sniper IPS」のユーザーに「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」を提供することで、アズジェントの専門アナリストによる24時間/365日の監視サポートと最新のサイバーセキュリティ情報、豊富な経験にもとづく運用ノウハウをサービスとして提供する。またアズジェントは、自社のコンサルティングサービスで、IPSが必要と判断した顧客に対して「SecureSoft Sniper IPS」の推奨製品として提案していく。

 今後、セキュアソフトとアズジェントは、市場に対して、さまざまな共同プロモーションを展開していく。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)