ページの先頭です。

2014/07/16 17:40

ニュース

アイティフォー、仮想ハードディスクのデータ復旧サービスを拡販

 アイティフォー(東川清社長)は、仮想化環境での仮想ハードディスクで、「ファイルを間違って消去してしまった」という論理障害に対応したデータ復旧サービスの拡販に乗り出す。企業のIT部門を訪問するなど、積極的な営業活動を展開していく。

 仮想化環境の復旧は、ハードディスク内に複雑に書き込まれたデータの解析力が成否を分ける。アイティフォーのデータ復旧サービスは、世界最大規模のデータ復旧会社である米オントラックの技術を用いて、データ解析の専門技術者が万全の復旧作業を行う。論理障害のケースでは、消去されたハードディスク領域に上書きさえされていなければ、ほぼ100%の復旧できるという。

 また、仮想化環境では複数のOSや複数のサービスが混在して稼働しているので、通常、データ復旧を行うためには稼働中のサービスをすべて停止して、その仮想ハードディスクを取り出す必要があるが、アイティフォーのデータ復旧サービスは、サービスを止めないリモートでの作業を実現。顧客が行う作業は専用のソフトをインストールしたパソコンを用意し、顧客の社内ネットワーク経由でハードディスク障害が発生しているサーバーに接続するだけだ。

 復旧に必要な作業日数と価格は個別見積もり。電話相談窓口は0120-010-183で、24時間・365日対応する。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)