ページの先頭です。

2014/07/24 17:46

ニュース

ネットワールド、台湾クアンタ・コンピュータのベアメタルスイッチを発売

 ネットワールド(森田晶一社長)は、台湾クアンタ・コンピュータと、データセンター向けのサーバーやネットワークスイッチ、ストレージ、ラックなど全製品を取り扱うディストリビュータ契約を締結した。第一弾として、7月24日、LinuxベースのネットワークOSを搭載できるベアメタルスイッチを発売した。

「T3048-LY2R」

 クアンタ・コンピュータは、世界有数のODM/OEMベンダー。同社のベアメタルスイッチは汎用ASICを採用し、キャリアグレードの性能・品質と低価格を両立していることから、世界中の大手クラウド事業者が導入している。ネットワールドは、国内大手保守企業との協業によってキャリアグレードの保守サービスを提供するので、クラウド/データセンター(DC)事業者だけでなく、高信頼性を重視するエンタープライズ企業でも利用することができる。

 第一弾として発売するベアメタルスイッチは、エントリモデルの「1000シリーズ」(1Gbps)、クラウド/DC事業者向けの「3000シリーズ」(10Gbps)、「5000シリーズ」(40Gbps)の3シリーズ。一般的なイーサネットスイッチの平均的な価格と比較して、20~70%の低価格を実現した。8月には、クアンタ・コンピュータ製OSを搭載するOpenFlow対応の汎用スイッチを発売する予定だ。

 税別価格は、5000シリーズの「T5032-LY6」が159万円、「T5032-LY6」が219万円、3000シリーズの「T3048-LY2R」が99万円、「T3048-LY2R」が129万円、「T3040-LY3」が149万円、1000シリーズの「T1048-LY4A」が28万円。

 今後、ネットワールドは、スイッチ製品に続いて、最高レベルのコストパフォーマンスをもつ“ホワイトボックス”サーバーも販売する予定。クラウド/DC事業者などの同一機種・大量導入向けを中心に、ユーザーニーズに応じて機種を選定し、提供する。また、「Server SAN」パッケージ向けなどにも積極的に対応する。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)