ページの先頭です。

2014/07/29 17:25

ニュース

サイボウズ、中国・上海市でプライベートセミナーを開催、参加者は300人超

【上海発】サイボウズ(青野慶久社長)と中国現地法人の才望子信息技術(上海)(サイボウズ上海、黄淵総経理)は、7月25日、中国・上海で「中国市場を攻め続ける新たな組織マネジメント」と題したセミナーを開催した。日系企業の経営者や情報システム担当者を中心に約310人が参加。サイボウズのグループウェアを導入したユーザー事例などを紹介した。

日系ISVが上海で開催するセミナーでは最大規模の約310人が参加

 冒頭、青野社長がサイボウズの主力製品や業績、福利厚生などの取り組みについて紹介。中国事業については、「およそ7年前に上海に進出し、現在では中国のユーザーは400社を超えるまでに成長した」と、順調に事業が拡大していることを伝えた。

サイボウズの青野慶久社長

 続いて、ハウス食品の中国現地法人である好侍食品(中国)投資の野村孝志董事長が、「中国市場を攻めるための組織づくり~カレーライスを人民食に~」と題して講演。野村董事長は、海外で成功するための重要なキーワードとして「現地化」を挙げ、「現地に身を置いて、自分の目で実際を見て、現地ですばやく判断する。この現地化こそが、海外で事業を成功させるために一番大事なことだ」と説明。そのうえで、好侍食品(中国)投資のこれまでの歩みを紹介した。

好侍食品(中国)投資の野村孝志董事長

 ユーザー事例では、クラウド型グループウェア「Garoon Lite」と、業務アプリ構築PaaS「kintone」を導入した2社の担当者が講演した。

 好侍食品(中国)投資では、社員が100人を超えたことをきっかけに、初期導入費を抑えて短期間で導入できる「Garoon Lite」を導入。堂上貴幸・経営企画部統括部長は、「掲示板の利用率が高く、円滑な社内コミュニケーションに役立っている」と効用を語った。

好侍食品(中国)投資の堂上貴幸・経営企画部統括部長

 アサヒビールの中国現地法人、朝日〓(口へんに卑)酒(中国)投資は、中国で増え続けるグラスやポスターなどの販促品の情報・手配管理を目的に、「kintone」を導入。販促品の手配で協業しているホシザキ電気、ヤマト運輸と3社で連携したシステムを構築している。祈秀章・営業企画部長は、「今後は、飲食店のデータベースを活用した回訪記録の管理や、売り上げデータの管理・分析を進めたい」と構想を述べた。(上海支局 真鍋武)

朝日〓(口へんに卑)酒(中国)投資の祈秀章・営業企画部長

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月19日付 vol.1645
マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

2016年09月19日付 vol.1645 マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)