ページの先頭です。

2014/08/29 18:00

ニュース

NEC、東南アジアと米国を結ぶ光海底ケーブルの建設請負契約を締結

 NEC(遠藤信博社長)は、8月29日、東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US(Southeast Asia-United States」の建設請負契約を締結したと発表した。ケーブルは、2016年に稼働を開始する。

 現在、東南アジアと米国を結ぶ国際通信の多くは日本を経由しているが、近年の東南アジア経済の成長に伴って、米国との通信容量が急増。両地域を直接結ぶ新たな大容量光海底ケーブルの新設が求められている。

 「SEA-US」は、フィリピン・インドネシアからグアム・ハワイを経由して米国本土に至る総延長約1万5000kmの光海底ケーブルで、両地域間の通信需要の増加に対応するために建設するもの。毎秒100Gbpsの光波長多重方式に対応し、最大容量毎秒20Tbpsで伝送する。

 NECは、東南アジア・米国のグローバル通信事業者7社からなる「SEA-US」コンソーシアムとの間で建設契約を締結。海底ケーブルシステム事業で、約30年間にわたって、約20万kmを超える敷設実績を積み上げてきたことが評価された。(上海支局 真鍋武)

■おすすめの記事





外部リンク

PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)