ページの先頭です。

2014/10/09 16:54

ニュース

ミラクル・リナックス、「Linux アドバイザリ サポート」の対象を拡張

 ミラクル・リナックス(児玉崇社長)は、「Linux アドバイザリ サポート」の対象として、10月8日、Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)とCentOS 7、Scientific Linux 7を追加した。

 2012年1月から提供している「Linux アドバイザリ サポート」は、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、CentOS、Scientific Linuxのサポートを行うミラクル・リナックスの独自サービス。インシデント発生時に、いつでもサポート契約ができる利便性があり、RHELとCentOS、Scientific Linuxを併用している顧客にも有利なメニューとして高い評価を得ている。

 RHELとCentOS、Scientific Linuxの最新バージョンに対応することで、さらに広い範囲の顧客を対象に、企業のLinux活用を支援する。

 税別価格は、「Linux アドバイザリ 年間サポート」が年額100万円、「Linux アドバイザリ インシデントサポート」が3インシデント24万円、10インシデント70万円、「プラチナインシデントサポート」が1インシデント60万円、「プラチナサポート」は年額で応相談。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)