ページの先頭です。

2014/11/28 18:52

ニュース

ALSI、「InterSafe ILP」がNTTソフトの「Crossway/データブリッジ」と連携

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、11月27日、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」が、NTTソフトウェア(山田伸一社長)が提供する「Crossway/データブリッジ」と連携すると発表した。

 ALSIは、企業や官公庁、学校などに向けて、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」を提供している。「InterSafe ILP」は、クライアントPCからのファイル書き出しルートを遮断する「デバイス制御ソフト InterSafe DeviceControl」や、市販のUSBメモリを暗号化USBメモリに変換する「セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice」、データの書き出しを管理する「申請・承認ソフト InterSafe WorkFlow」などによって、多層防御による情報漏えい対策をオールインワンで実現する。

 「Crossway/データブリッジ」は、異なるネットワーク環境上のPCを専用ハードウェアを介して接続し、PCからPCへのデータ流通を制御する製品。「Crossway/データブリッジ」を利用することによって、セキュリティポリシーの異なるネットワーク間のデータ流通を安全・簡単に実現する。「InterSafe ILP」との連携によって、送信側PCからのデータ送信管理を強化し、さらに安全なデータ流通を実現する。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)