ページの先頭です。

2014/12/03 17:24

ニュース

大塚商会、「買う」「借りる」「利用する」で新たなサーバー需要に対応、適材適所のサーバー環境の構築・運用を支援

 大塚商会(大塚裕司社長)は、システムインテグレータ(SIer)として、オンプレミス型の「買う」、ハウジングサービスの「借りる」といった従来の事業に加え、クラウドサービスの「利用する」という三つ目の提案を切り口として、ユーザー企業にサーバーを提供している。ユーザー企業のサーバー導入形態は、オンプレミス型でシステムを構築したり、データセンター(DC)事業者にアウトソーシングしたり、クラウドサービスを利用したりとさまざま。大塚商会は、ニーズに即した製品・サービスを用意することで企業の課題解決を支援している。

 SIerとしての顔をもつ大塚商会は、ユーザー企業の社内にシステムを構築するシステムインテグレーション事業を推進している。大塚商会が力を入れている製品・サービスの一つ、マイクロソフト関連を担当する浅野由紀子・マーケティング本部 MS Webソリューション課係長は、「SIerとして、お客様に最適なさまざまな製品を組み合わせて包括的にご提供・サポートできるのが当社の一番の強み」とアピールする。

 大塚商会は、企業がもつさまざまなニーズに対応した製品・サービスを揃え、システム提案を行っている。最近、規模を問わず多くの企業が関心を寄せているのがクラウドサービスだ。これに合わせて、大塚商会はマイクロソフトのクラウドサービスをベースにしたビジネスを拡大。オンプレミス型システムのサーバー環境を社外環境と連携させたいという企業に対しては、「利用するサーバー」をコンセプトに「Microsoft Azure」上の仮想サーバーを提案、新たなサーバーの需要を掘り起こしている。

 「利用するサーバー」のビジネスでは、ユーザー企業がMicrosoft Azureを導入する際に必要な情報の提供から検証支援、テスト利用、導入、運用までを、大塚商会が丸ごとサポート。浅野係長は、「クラウドサービスの導入意識が高まりつつあるのは、サーバーの管理負担を軽減できることや導入時間が短縮できるというのが大きな理由だ。そこで、Microsoft Azureを導入する際に最適な方法を提案して、ユーザー企業のニーズに応えている」という。

 Microsoft Azureをベースとしたクラウドサービスの本格的な提供に伴って、大塚商会は、ユーザー企業がオンプレミス型システムを構築するために購入するサーバーを「買うサーバー」、大塚商会のDCに運用をアウトソーシングするサーバーを「借りるサーバー」と位置付け、役割や用途に応じたサーバーを提案している。しかも「買うサーバー」は、単にサーバーを売るだけでなく、仮想化環境を短期間で構築できる「Hyper N-Pack サーバー」を提供。「借りるサーバー」は、サーバー監視などをセットにした「2Uハウジング/2Uハウジングレンタル」をメニュー化した。「パッケージ化によって、企業が導入しやすい環境を整える」(浅野係長)ことが狙いだ。


 浅野係長は、「『買うサーバー』は、キッティングを行うCTOセンターであらかじめ仮想化環境を設定して、容易に導入できるようにしている。『借りるサーバー』は、小規模で利用することができるようにして、導入の敷居を低くした」とアピールする。

 最近では、「買うサーバー」「借りるサーバー」「利用するサーバー」を、組み合わせて提供するケースも出てきている。浅野係長は、「例えば基幹システムで『買う』、ファイルサーバーで『借りる』『利用する』という適材適所のサーバー選択でも、包括的にご支援することができている」と、その手応えを語る。クラウドサービスの台頭で、サービスの時代に入っているなかで、大塚商会はオンプレミス型システムを構築するSIerとしての実績を生かしながら、時代に即したビジネスを手がける。

浅野由紀子・マーケティング本部 MS Webソリューション課係長

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月25日付 vol.1638
法人向けWindows 10 搭載PCが普及へ

2016年07月25日付 vol.1638 法人向けWindows 10  搭載PCが普及へ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)