ページの先頭です。

2015/01/05 17:58

[週刊BCN 2015年01月19日付 Vol.1563 掲載]

ニュース

リコージャパン、中国の日系企業向けITサポート事業を開始、リコー中国と連携

 リコージャパン(佐藤邦彦社長)は、中国に進出している日系企業向けのITサポート事業を1月に開始する。リコーの中国販売会社である理光(中国)投資(リコー中国、麦永成総経理)と連携して、同社に日系企業向け専門組織を新たに設置。リコージャパンの人員を送り込んで、プリンタ・複合機などの事務機器やITソリューションを提供する。

 リコージャパンは、現在、CS(顧客満足)向上を経営の重要課題として捉え、その一環として、既存顧客の日系企業から要望が高まっている海外拠点へのITサポート事業に力を入れる。すでに2013年に、リコーアジアパシフィックと連携してシンガポールで日系企業向け事業を開始。佐藤社長は、「日本のトップSE(システムエンジニア)を現地に送っていることもあって、スピード感をもって大きな商談を推進できている」と語る。一定の成果が出ていることから、今回、多くの日系企業が拠点をもつ中国で事業を開始する。

 リコー中国に新設する日系企業向け組織は、当初は10人未満で活動し、順次拡大する。リコージャパンMA事業本部の既存顧客である大手日系企業の中国関連会社、約4000社を中心に開拓していく。

 佐藤社長は、「海外拠点で、日本と共通のIT環境を使いたいという声は多い。リコージャパンは日本を担当し、海外はリコーの海外グループ会社が担当するといった線を引いていたのでは、顧客の要望を十分に満たすことはできない。日系企業の海外の出先もリコージャパンが支援することで、満足度の向上につなげたい」と意欲を示している。(上海支局 真鍋武)

佐藤邦彦社長

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)