ページの先頭です。

2015/02/02 13:19

ニュース

クラウディアン、「CLOUDIAN HyperStore Ready」ラインアップを発表

 クラウディアン(太田洋代表取締役)は1月30日、クラウディアンのパートナーが提供する「CLOUDIAN HyperStoreソフトウェア(CLOUDIAN HyperStore)」を実装したハードウェアアプライアンス製品やソリューションパッケージであるCLOUDIAN HyperStore Ready製品のラインアップを発表した。

 「CLOUDIAN HyperStore」は、汎用サーバーをハードウェアとして使うSDS(Software-Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)で、スケールアウト型のオブジェクトストレージを、中小規模から大規模までの幅広い顧客が簡単に経済的に構築・運用できる。

 クラウディアンのパートナーは、世界市場に先駆け日本から導入したCLOUDIAN HyperStore Readyプログラムにもとづき、自社が取り扱う汎用サーバー、アプリケーション、ネットワーク機器、クラウドサービスなどと「CLOUDIAN HyperStore」を独自に組み合わせた製品の提供を順次開始している。

 これらの製品やソリューションを利用することによって、顧客は、「CLOUDIAN HyperStore」をインストールする汎用サーバー機種の選定、調達、設定、保守契約などの導入手続きを簡素化でき、また、ロードバランサやスイッチのネットワーク・周辺機器とともに、ラック単位でもワンストップに調達できる。さらに、アプリケーションやクラウドサービスがパッケージされたソリューションであれば、ターンキーで手軽に企業自身が管理するプライベートクラウドやハイブリッドクラウドサービスを構築することができる。

 現時点でのCLOUDIAN HyperStore Readyラインアップは、「分散仮想オブジェクトストアパッケージ」(日立システムズ)、「Nimbus(ニンバス)ストレージ」(トゥモローネット)、Hybrid CloudScale型フルユニファイドストレージ「UniSTOR Cloud Scale」(コアマイクロシステムズ)、「コンバージド・クラウドストレージパッケージ」(NECネッツエスアイ)、「CLOUDIAN HyperStore+JINSOKU+AEROZワンストップソリューション」(ACCESS)、「次世代型ハイブリッドクラウドファイルサーバー」(ファイルフォース)、「エンタープライズサーチ」(スマートインサイト)となる。

 なお、CLOUDIAN HyperStore Readyプログラムへの参加・計画をしているパートナーは、ACCESS、NECネッツエスアイ、科学情報システムズ、コアマイクロシステムズ、ジグソー、スマートインサイト、トゥモロー・ネット、日立システムズ、ファイルフォース、FOBASコンサルティング。引き続き、クラウディアンではCLOUDIAN HyperStore Readyプログラム参加パートナーを募集していく。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)