ページの先頭です。

2015/02/05 16:43

ニュース

ビットアイル、CanonicalとOpenStack as a Serviceソリューションで協業

 ビットアイル(寺田航平社長)は、2月3日、OpenStackの導入・運用支援で海外で豊富な実績をもつCanonical(Jane SilberCEO)と協業すると発表した。ビットアイルは、CanonicalのOpenStackソリューション「BootStack」を利用し、プライベートクラウドを月額で利用できるホステッドプライベートクラウドソリューションを顧客に提供する。

 「BootStack」は、CanonicalのOpenStack導入・運用支援サービス。「BootStack」を利用することで、OpenStackの設計・構築・運用やトラブル対応といったサポートが24時間365日受けられるため、自前でエンジニアを確保できない場合でも、OpenStack環境を手軽に手に入れることが可能となる。

 今回、ビットアイルでは、OpenStackを活用したプライベートクラウド導入のニーズの高まりに対応するため、Canonicalと協業し、ビットアイルの顧客に対し、「BootStack」を活用したホステッドプライベートクラウドソリューションを提供する。これによって、顧客は自社に合ったリソースの最適化・運用負荷軽減とOpenStackの活用により、オープンなテクノロジーを駆使し、迅速・低コストでプライベートクラウドの導入が実現可能となる。

 ビットアイルは、11年に研究開発を行う専門組織ビットアイル総合研究所を設立し、OpenStackの技術的な実証実験や検証、OpenStackを活用したビットアイルグループ向けクラウド基盤の構築、OpenStackのテクニカルトレーニングなど、OpenStackに関するさまざまな取り組みを行っている。今後も、OpenStackの検証・実証環境の提供や顧客企業にとって価値のあるIT活用を支援していく。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)