ページの先頭です。

2015/02/13 17:39

[週刊BCN 2015年02月23日付 Vol.1568 掲載]

ニュース

日立ソリューションズ(中国)、浙江省・嘉興市と連携、現地中小企業にSaaS提供

【北京発】日立解決方案(中国)(日立ソリューションズ(中国)、張若皓総経理)は、浙江省・嘉興市と協業した。嘉興市が保有するデータセンター(DC)上に、共同でクラウド環境「中小企業クラウドプラットフォーム」(仮称)を構築。今後、同クラウド環境上に、日立グループやパートナー企業のアプリケーションを実装し、SaaSとして現地の中小企業に提供していく。

張若皓総経理

 日立ソリューションズ(中国)は、2011年10月に設立し、現在の従業員数は約180人。中国のローカル企業を主要ターゲットとして、ITソリューションの提供に力を注いでいる。

 中国政府は、現在、工業化と情報化を組み合わせる「兩化融合」を掲げており、約350万の人口を抱える3級都市の嘉興市では、中小企業のIT利活用を推進している。その一環として、今回、嘉興に開発子会社の浙江日立解決方案軟件服務を保有する日立ソリューションズ(中国)と協力関係を結んだ。

 「中小企業クラウドプラットフォーム」では、第一弾として、日本の中小企業向けに実績が豊富な日立ソリューションズ東日本のパッケージソフト「Syn(シン)シリーズ」の在庫管理システムなどを提供。その後は、日立グループやパートナー企業のソフトウェアを順次追加していく。すでに日立ソリューションズ(中国)では、パートナー企業を含めた10人程度の専門組織を発足していて、クラウド環境への実装を進めている。

 現地の中小企業に対しては、嘉興市が利用を推奨する。さらに、SaaS使用料の一部は嘉興市が負担する予定となっており、多額のIT予算をもたない中小企業でも利用を開始しやすい。

 張若皓総経理は、「2015年は、嘉興市でのSaaSビジネスで実績を挙げて、将来はその他の地方都市への横展開を予定している」と今後の構想を語る。日立ソリューションズ(中国)の2014年度(14年12月期)の売上高は約1.4億元。今後3~5年をめどに、SaaSビジネスの売上比率10%を目指す。 (上海支局 真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)