ページの先頭です。

2015/02/26 09:22

[週刊BCN 2015年02月23日付 Vol.1568 掲載]

ニュース

<ASEAN>B-EN-G 海外ERPに会計税務コンサル プロ集団と提携、ASEANに注力

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G、大澤正典社長)は、会計税務の支援業務などを手がけるグローバル・パートナーズ・コンサルティング(GPC、関口泰央代表取締役)と提携し、ASEANでクラウド型海外拠点向けERP(統合基幹業務システム)「A.S.I.A.(エイジア)」の販売拡大に取り組む。日系企業を主要ターゲットに据え、A.S.I.A.に会計税務コンサルティングを組み合わせてセット提案する。B-EN-Gは、GPCと手を組むことによって、製品だけを提供する他社ERPベンダーとの差異点を明確にして、日本企業の進出が活発なASEAN市場の開拓を狙う。(ゼンフ ミシャ)

GPC
関口泰央
代表取締役
 B-EN-Gは、GPCがASEAN現地に配置している会計税務の専門家のノウハウを活用し、A.S.I.A.の販売を促そうとしている。ASEANに進出する際や、進出した後の事業展開にあたっての会計税務手続きに関して、日系企業をB-EN-GのソフトウェアとGPCのコンサルティングの両面で支援するお任せパックを用意。シンガポールやタイに置くB-EN-Gの現地法人やパートナー企業を利用するかたちで、現地語と日本語によるサポート体制を整え、中堅・中小企業から大手企業にまで提案する。

 GPCは現在、シンガポールに現地法人を有しており、約50社のユーザー企業に対して会計税務コンサルティングを手がけている。今回、B-EN-Gとの提携を受け、急ピッチで現地拠点の拡大に取り組んでいる。関口泰央代表取締役は、「この4月に、タイ・バンコクに拠点を開設する。これを皮切りに、今後はインドネシアやベトナムなどにも市場を広げ、拠点を順次増やしたい」と方針を語る。日本から専門スタッフを送り出すほか、現地採用も行うことで、人材を確保する考えだ。提案活動に関しては、主に国内でユーザー企業の日本本社に営業をかけて、A.S.I.A.と組み合わせたコンサルティングの提供を訴求するという。

B-EN-G
鈴木將路
シニアマネージャー
 B-EN-Gは、機能を絞り、クラウド型で提供することによって導入しやすくしているA.S.I.A.を2012年に投入した。現在、中国をはじめ、タイやインドネシアで約100社のユーザー企業に納入している。しかし、日中関係での政治的な摩擦などを受けて、中国での事業拡大が難しいと判断し、ここにきて、ASEANを重点市場に設定した。そして、競争が激しいASEANで他社ERPベンダーとの差異化を図るために、GPCとの提携に踏み切ったという経緯がある。

 B-EN-G営業本部営業3部事業開発担当の鈴木將路・シニアマネージャーは、「ASEANに進出している日系企業の多くはこれまで、専用ソフトを使わず、Excelなどで本社に会計税務の状況について報告した。しかし、事業拡大とともに、従来のやり方では対応しにくくなって、海外拠点での使用に特化したA.S.I.A.に関するニーズが高い」とみている。GPCとの提携によって、今後1年間で10社への納入を目指す。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)