ページの先頭です。

2015/03/05 09:20

[週刊BCN 2015年03月02日付 Vol.1569 掲載]

ニュース

ネットプロテクションズ “第3の決済サービス” SaaS型サービスを重要ターゲットに

 決済代行サービスのネットプロテクションズ(柴田紳社長)は、SaaS/クラウド型サービスの領域を重要ターゲットの一つに位置づける。B2B(企業間取引)において月額課金方式のSaaS/クラウド型サービスの利用頻度が高まっている。従来の物販やネット通販(EC)領域などに加えて、サービス商材の決済代行市場が拡大していることを踏まえた措置だ。直近では9割方が物販領域だが、今後は「サービス領域の決済代行の割合が高まる」(ネットプロテクションズの小猿雄一・BtoBグループセールスマネージャー)とみている。

小猿雄一
セールスマネージャー
 重要ターゲットとするSaaS/クラウド型サービスについては、ネット由来のサービス特性であることから「企業名義のクレジット」と相性がいい。まずは使ってみて、本格運用できそうだったら有料サービスへ移行するというパターンが多いからだ。とりわけネットサービスを生み出すことの多い新興のITベンチャーにとっては、B2B決済で現在主流の請求書を発行してユーザーが代金を振り込む「請求書方式」では業務的な負担が大きく、「クレジット決済」のほうが利便性が高い。

 しかし、一方でユーザー企業側からすれば、これまで使い慣れた「請求書方式」を好む傾向が強く、「企業名義のクレジット」、あるいは「銀行口座からの自動引き落とし」などの方式を敬遠する傾向が根強くある。そこで、ネットプロテクションズではB2Bで最も支持されている「請求書方式」を代行する「FREX B2B後払い決済」サービスを、SaaS/クラウド型サービス領域へ積極的に適用する動きに出ているのだ。

 このサービスは、月額30万~100万円以下の範囲であれば、買い手は与信に関する事前の書類審査なしで、その場で利用できる。売り手側に向けては、万が一、売掛金が回収できなくても、ネットプロテクションズがすべて立て替える。売り手への手数料は3~5%のクレジットカード水準に抑えるとともに、支払いサイトは「月末締め/翌々月10日払い」の40日サイトに設定。これまでに売り手側の企業数で約500社、買い手側の累計利用者数は25万社余りに達している。同社では「クレジットや自動引き落としに代わる第3の決済サービス」と位置づけ、決済代行サービスビジネスを伸ばしていく方針を示す。(安藤章司)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)