ページの先頭です。

2015/04/08 17:50

ニュース

NEC、ファイルサーバーの旧OS発見を支援するサービスを無償で提供

 NEC(遠藤信博社長)は、4月7日、Microsoft Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充すると発表した。

 企業内で利用中の、Windows Server 2003で動作しているファイルサーバーを発見する「ファイルサーバ発見サービス」の提供を無償で開始する。同サービスは、NECから送付される機器をユーザーが自社のネットワーク環境に一定期間設置し、その後機器を返送することで、NECが情報を抽出・解析を行い、結果をユーザーに報告する。これにより、OS情報を確認することができる。受付開始は4月15日から。

 また、ファイルサーバーとしての利用に適したストレージ製品「iStorage NSシリーズ」と移行ソフトウェア「NEC Easy Data Migration for File Server(NEDAM)」のセット製品や、アプリケーションサーバー(APサーバー)を一時的に仮想化基盤上に移行するサーバー仮想化延命セットなどの「サーバ移行パック」、ストレージ製品「iStorage NS300Tf」も4月7日から販売する。

 税別価格は、「ファイルサーバ発見サービス」が無償(限定100社)、「iStorage NS300Tf サーバ移行パック」が44万8000円から、「iStorage NS300Tf NEDAMバンドルモデル サーバ移行パック」が47万8000円から、「iStorage NS100Te NEDAMバンドルモデル サーバ移行パック」が22万8000円から、「サーバ仮想化延命セット」が22万円から。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)