ページの先頭です。

2015/04/08 17:50

ニュース

NEC、ファイルサーバーの旧OS発見を支援するサービスを無償で提供

 NEC(遠藤信博社長)は、4月7日、Microsoft Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充すると発表した。

 企業内で利用中の、Windows Server 2003で動作しているファイルサーバーを発見する「ファイルサーバ発見サービス」の提供を無償で開始する。同サービスは、NECから送付される機器をユーザーが自社のネットワーク環境に一定期間設置し、その後機器を返送することで、NECが情報を抽出・解析を行い、結果をユーザーに報告する。これにより、OS情報を確認することができる。受付開始は4月15日から。

 また、ファイルサーバーとしての利用に適したストレージ製品「iStorage NSシリーズ」と移行ソフトウェア「NEC Easy Data Migration for File Server(NEDAM)」のセット製品や、アプリケーションサーバー(APサーバー)を一時的に仮想化基盤上に移行するサーバー仮想化延命セットなどの「サーバ移行パック」、ストレージ製品「iStorage NS300Tf」も4月7日から販売する。

 税別価格は、「ファイルサーバ発見サービス」が無償(限定100社)、「iStorage NS300Tf サーバ移行パック」が44万8000円から、「iStorage NS300Tf NEDAMバンドルモデル サーバ移行パック」が47万8000円から、「iStorage NS100Te NEDAMバンドルモデル サーバ移行パック」が22万8000円から、「サーバ仮想化延命セット」が22万円から。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)