ページの先頭です。

2015/04/17 20:20

ニュース

BCN、IBM SoftLayerの事例と操作を学ぶハンズオンセミナーをシリーズ開催

 BCN(奥田喜久男会長兼社長)は4月16日、IBMのクラウドプラットフォーム「SoftLayer」のハンズオンセミナーを東京・神田のBCNアカデミールームで開催した。これは、『いつまでサーバーだけを売るつもり? ニーズにこたえる売り手を目指す、クラウドキャッチアップセミナー』(次回開催URL:http://www.seminar-reg.jp/bcn/softlayer_handsonsem2/)と題されたシリーズ・セミナー(全4回)の一回目。日本アイ・ビー・エムのパートナーであるJBCCをスピーカーとして招き、同社がSoftLayerで構築したサービスの紹介や、SoftLayerの操作説明などを行った。

 今回のセミナーのメイン・スピーカーとして登壇したのは、JBCCクラウドイノベーション事業部の小原鉄仁氏だ。同氏は、SoftLayerで構築したサービス例として、クラウド型デジタルサイネージシステム「mot! VISION」を披露した。

 mot! VISIONは、Webブラウザからアクセスする管理画面と、映像コンテンツを受信・再生するターミナルから成り、例えば、チェーンストアの本部からの操作で全店舗のサイネージ内容をコントロールできるといった特徴がある。サービス料金は運用台数に応じた月額制となっており、1拠点での利用であれば1か月数千円で利用できる。

JBCC クラウドイノベーション事業部 デジタルコンテンツセンター 小原鉄仁氏

 デジタルサイネージの仕組みでは、コンテンツの配布にUSBメモリ等のメディアが利用されるケースが一般的だった。このような仕組みの場合、各店舗の従業員がコンテンツの更新作業を行う必要があり、更新忘れといった人的ミスの発生リスクが高まるほか、予定外のコンテンツ更新への対応が難しいといった問題があった。しかし、クラウド型のmot! VISIONへの移行で、全店舗の放映状況が本部から確認・更新できるようになり、店舗でのミス・負担を排除してかたちで、コンテンツのスピーディな更新・切り替えが可能になる。

 またSoftLayerの場合、そのサービスを支える各国のデータセンターが高速な専用線で結ばれているほか、データの送信料金が仮想サーバーの場合で1台あたり月間5TBまで、ベアメタル(サービスとして利用可能な物理サーバー)で同20TBまで「無料」という特徴がある。

 そのため、mot! VISIONのような動画系サービスを構築しても、パフォーマンスやコストを気にかける必要がほとんどないという。JBCCでは、同社がメインのビジネスとしている業務系システムと、今回のようなコンテンツ系サービスとの連携も視野に入れており、例えば、前日の売上上位の商品を自動的にピックアップし、サイネージでアップセルを図るといったソリューションの開発・提案を進めている。

 小原氏は、ベアメタルと仮想の両サーバーを統合的に利用できるSoftLayerの利点にも言及しながら、「将来的には、基幹系システムの基盤もを含めて、すべてをクラウド化していきたい」(同氏)との意欲を示した。

 続くハンズオンセッションでは、JBCC クラウドイノベーションセンターの長門祐介氏が講師として登壇。SoftLayerのトライアルアカウントを利用したサーバー構築・設定の基礎演習が一時間にわたり行われた。演習終了後には、長門氏と熱心に話し込む参加者も少なくなく、クラウド、そしてSoftLayerに対する関心の高さが改めて実感された。

ハンズオンセッション

 なお、今回のセミナーでは、週刊BCN編集部の本多和幸記者も演壇に立ち、メディアの視点からクラウド市場の動向や、IBMの事業戦略におけるクラウドサービスの位置づけなどを解説。企業向けのITビジネスを展開するうえでの「クラウド活用の重要性」を、客観的な分析にもとづきながら説明している。

週刊BCN 記者 本多和幸

 なお、同セミナーの2回目は、4月22日15時より同じくBCNアカデミールームで開催される(http://www.seminar-reg.jp/bcn/softlayer_handsonsem2/)。登壇するIBMパートナーはミライト情報システム。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)