ページの先頭です。

2015/04/23 09:17

[週刊BCN 2015年04月20日付 Vol.1576 掲載]

ニュース

F5ネットワークスジャパン “サービス”商材を拡充 機器製品とのハイブリッド型へ

 ネットワーク機器メーカーのF5ネットワークスジャパンが「サービス型の商材」の拡充に力を入れている。サービス事業を本格的に立ち上げるに当たって力を入れているのが、インターネット上で展開される「DoS攻撃」と呼ばれる攻撃手法への対処だ。DoS攻撃は特定のサーバーやアプリケーションサービスに対して高頻度で接続し、負荷を増大させて機能停止に追い込む古典的な手口。この攻撃が発生した直後にF5ネットワークスが運営する「スクラビング・センター」で、DoS攻撃の通信トラフィックを除去する“浄化”の役割を担うことで、ユーザーのシステムを守るサービスである。

 インターネット上の情報セキュリティの脅威を監視する「セキュリティー・オペレーションセンター(SOC)」などのサービス機能はすでに展開してきたが、「スクラビング・センター」サービスでは、より具体的に“サービス商材”として踏み出した。

 ネットワーク機器メーカーである同社は、SIerなどのビジネスパートナーと協業して、ユーザー企業先にロードバランサなどのネットワーク機器を納入してきた。だが、DoS攻撃に代表される突発的、かつ悪意ある通信量の劇的な増大に対して、ユーザー企業が通常業務のために所有しているネットワーク機器だけで対処するのは「コスト的に難しい」(F5ネットワークスジャパンの嘉規邦伸・執行役員パートナー営業本部本部長)のが実際のところだった。

 そこで有事の際にすばやく同社の「スクラビング・センター」に通信回線を切り替えて、DoS攻撃由来の不正な通信トラフィックを除去。正常な通信トラフィックだけをユーザーに届けるサービスを国内では今年2月から本格的にスタートしている。

 昨年11月から先行して同サービスを提供している米国では、通信のすべてを「スクラビング・センター」経由にするケースや、DoS攻撃が発生したときだけ同センター経由にネットワークを切り替えるケースなど、「攻撃の頻度やコストとのバランスでユーザーがいずれかを選択している」(ギド・フォスメア・セールスエンジニアリング本部部長)といい、国内でも同様に必要に応じてユーザーが選択できるようにした。

ギド・フォスメア部長(左)と嘉規邦伸・執行役員

 ポイントは、これまでのメーカーとしての機器販売と、客先設置型の機器だけでは対処が難しい部分をサービスとして提供する同社“ハイブリッド戦略”にある。通信機器単体でみると中国のファーウェイ(華為技術)など新興のメーカーが急速な追い上げをみせている。機器販売や客先でのネットワーク構築でパートナー関係にあるSIer/NIerとは「従来どおり密接連携」(嘉規執行役員)を保ちながら、既存製品と連携するサービス商材で補強することで競争優位性を高める。

 今回はDoS攻撃対策サービスだが、今後は不正アクセス防止や通信トラフィック管理の強化、アクセスポリシーなどセキュリティの“有事対策”を軸にサービスラインアップを増やしていくことでビジネスを伸ばす方針だ。(安藤章司)


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)