ページの先頭です。

2015/05/11 16:12

ニュース

ARIとクラウディアン、データストレージ間の大量データ転送を実現

 ARアドバンストテクノロジ(ARI、武内寿憲社長)とクラウディアン(太田洋社長)は、5月11日、ARIが開発提供するファイル自動管理ソフトウェア「ZiDOMA data」の新バージョンと、クラウディアンが開発提供するスケールアウト型オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」との相互接続性を公式認定したと発表した。

 CLOUDIAN HyperStoreは、汎用サーバーをハードウェアとして使うSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)で、スケールアウト型のオブジェクトストレージを、中小規模から大規模までの幅広い顧客が簡単、経済的に構築・運用できる。

 ZiDOMA dataは、ファイルのサイズ、更新日時、利用頻度といったポリシーに応じて、ストレージのデータをNAS・NAS間、NAS・クラウド間、クラウド・クラウド間で移動・複製できるアプリケーション。ストレージ更改時のデータ移行、遠隔地保管、データセンター間複製、クラウド利用などでのデータ転送をタスクとして管理し、スケジュール実行できる。また、ILM(Information Lifecycle Management)ツールとしても活用可能となっている。

 今回、両製品の相互接続性が公式認定されたことにより、顧客は、現在データを保管しているNASとCLOUDIAN HyperStoreストレージ間、またはCLOUDIAN HyperStoreストレージ相互間で、わかりやすいGUI操作で自動的に大量のデータを転送できるようになる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)