ページの先頭です。

2015/05/11 16:12

ニュース

ARIとクラウディアン、データストレージ間の大量データ転送を実現

 ARアドバンストテクノロジ(ARI、武内寿憲社長)とクラウディアン(太田洋社長)は、5月11日、ARIが開発提供するファイル自動管理ソフトウェア「ZiDOMA data」の新バージョンと、クラウディアンが開発提供するスケールアウト型オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」との相互接続性を公式認定したと発表した。

 CLOUDIAN HyperStoreは、汎用サーバーをハードウェアとして使うSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)で、スケールアウト型のオブジェクトストレージを、中小規模から大規模までの幅広い顧客が簡単、経済的に構築・運用できる。

 ZiDOMA dataは、ファイルのサイズ、更新日時、利用頻度といったポリシーに応じて、ストレージのデータをNAS・NAS間、NAS・クラウド間、クラウド・クラウド間で移動・複製できるアプリケーション。ストレージ更改時のデータ移行、遠隔地保管、データセンター間複製、クラウド利用などでのデータ転送をタスクとして管理し、スケジュール実行できる。また、ILM(Information Lifecycle Management)ツールとしても活用可能となっている。

 今回、両製品の相互接続性が公式認定されたことにより、顧客は、現在データを保管しているNASとCLOUDIAN HyperStoreストレージ間、またはCLOUDIAN HyperStoreストレージ相互間で、わかりやすいGUI操作で自動的に大量のデータを転送できるようになる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年02月06日付 vol.1664
セキュリティと人工知能 サイバー攻撃対策の新たなアプローチ

2017年02月06日付 vol.1664 セキュリティと人工知能 サイバー攻撃対策の新たなアプローチ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)