ページの先頭です。

2015/05/27 16:22

ニュース

みずほ情報総研、「シニア層の節電実態」に関する調査結果を発表

 みずほ情報総研(西澤順一社長)は5月26日、14年10月20~23日の期間に実施した、東京電力管内の20歳以上の男女(約1000人)を対象とした「節電に対する生活者の行動・意識に関する調査」の調査結果に関し、第2弾として「シニア層(60歳以上)の節電実態」について発表した。なお同社では、11年6月から生活者の節電行動の実態に関する調査を実施し、過去5回にわたり調査結果を発表しているが、「シニア層」に焦点を当てた結果を発表するのは、今回が初めてとなる。

 節電行動について年代別にみると、年代が高くなるにつれ、平均よりも行動を多くしている人(14項目中11項目以上)の割合が高くなり、70代では4割近くとなった。一方で、昨夏の電気代については、年代が高くなるにつれ電気代が高くなっていた(少人数世帯を対象)。とくに、1万円を超える世帯は、20-30代が3%であるのに対し、60代以上では34%となっていた。

 例えばエアコンと冷蔵庫について、10年以上の製品を利用している世帯は、20代・30代では2割程度であるが、40代以上になると、4割近くに上昇していた。とくに50代以上では、15年以上前の製品が約2割程度を占めており、買い替えによる節電ポテンシャルが大きいと考えられる。

 50代を過ぎると、家電製品の購入の際に子や孫に相談する機会が増え、70代では34%が子や孫に相談した経験があった。子や孫から家電製品をプレゼントされた経験は、70代が最も多く26%。祖父母や親から家電製品の購入について相談をされた経験は、とくに20代から50代が多く3割前後。祖父母や親に家電製品をプレゼントしたことがあるのは、50代が最も多く34%であった。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)