ページの先頭です。

2015/07/14 17:49

ニュース

ビットアイル、ソネットが「ビットアイルクラウド Vシリーズ」などを採用と発表

 ビットアイル(寺田航平社長)は、7月13日、「ビットアイルクラウド Vシリーズ」と「ビットアイルコネクト」が、ソネットの法人向けITソリューション事業「bit-drive」の新サービス「マネージドクラウド」に採用されたと発表した。「マネージドクラウド」は7月13日から提供している。

 今回、ソネットが採用した利用型プライベートクラウドサービス「ビットアイルクラウド Vシリーズ」とハイブリッドクラウド・マルチクラウド接続サービス「ビットアイルコネクト」は、企業がセキュアで高性能な利用型プライベートクラウドと、拡張性や利用の手軽さなどが柔軟なパブリッククラウドとを組み合わせた、システムインフラの最適利用を実現するサービス。ソネットのユーザーにとっては、クラウド基盤の選択肢が増えるとともに、「bit-drive」のマネージドVPN網からセキュアに低価格で「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」への接続、一元的な運用管理が可能となる。

 ビットアイルのデータセンターは、従来からソネットのデータセンターとして採用されており、顧客拠点とデータセンター間を接続するサービスとして、「bit-drive」による拠点間VPN接続サービスを提供していた。今回、「ビットアイルコネクト」を採用したことで、「bit-drive」のユーザーは、「ビットアイルクラウド Vシリーズ」だけでなく、AWSまたは「bit-drive」のクラウドサービスへのマルチクラウド接続を実現できる。

 ビットアイルでは、今後も企業のハイブリッドクラウド・マルチクラウド利用時の課題を解決するためのソリューションを、サービス事業者とともに提供していく考え。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)