ページの先頭です。

2015/07/16 14:08

ニュース

富士通FIPと凸版印刷、生協コープかごしまに電子マネーサービスを提供

 富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)と凸版印刷(金子眞吾社長)は、7月15日、生活協同組合コープかごしま(生協コープかごしま)が開始するプリペイド機能をもつ組合員証「コープカード」とオリジナルの「コープギフトカード」向けに、「サーバ管理型電子マネーサービス」を提供すると発表した。コープカード、コープギフトカードは、7月16日から生協コープかごしま全店で利用が可能となる。

 生協コープかごしまは、鹿児島県内に19店舗を構え、29万人の組合員が加盟する生活協同組合。これまで生協コープかごしまには、組合員から「クレジットカードでは使いすぎが心配」、「計画的に家計をやりくりするために、予算を決めて買い物ができるカードがほしい」、「レジで小銭のやりとりをするのが煩わしい」などの要望が寄せられていた。これらの要望を実現するために、検討を重ねる生協コープかごしまに対し、富士通FIPは、凸版印刷とともに提供するクラウド型のサーバ管理型電子マネーサービスを提案した。

 生協コープかごしまでは、富士通グループのセキュアなデータセンターで運用される同サービスの「信頼性の高さ」に加え、これまでの豊富な実績から蓄積されたノウハウをもとに、導入計画から運用設計、カード製造、プロモーションまで、電子マネーサービスのすべてに精通したサービス構築力を評価し、サーバ管理型電子マネーサービスの導入を決定した。

 導入にあたっては、これまで生協コープかごしまのPOSシステムを担ってきた富士通マーケティングと連携し、13年に導入した量販店向けPOSシステム「FUJITSU Retail Solution TeamStore/M」のオプション機能を活用している。FUJITSU Retail Solution TeamStore/Mとサーバ管理型電子マネーサービスを組み合わせることで、システムをカスタマイズすることなく、導入決定からわずか2か月という短期間で、安価な導入を実現した。

コープカードとコープギフトカード

 今回取り扱いを開始するコープカードは、組合員証にプリペイド機能を付けた自社型電子マネー。1000円単位で最大5万円までチャージが可能で、特典としてチャージ額の0.5%がプラスされる。今回のサービス導入により、組合員は、レジ精算時の支払いで小銭を財布から探す手間が減り、レジでの支払いがスムーズになる。また、計画的にチャージすることで家計を上手にやりくりすることも可能になる。

 なお、同時に生協コープかごしまは、同店舗での買い物に利用できるオリジナルのコープギフトカードの取り扱いを開始する。カードは、500円、1000円、5000円の3種類で、生協コープかごしまの店舗で購入することができる。これにより組合員は、コープギフトカードを贈り物やお礼など、さまざまなシーンに合わせて活用できる。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)