ページの先頭です。

2015/08/03 16:57

ニュース

CSPA、第1回「クラウドサービス認定証授与式」を開催、9つのサービスが認定

 クラウドサービス推進機構(CSPA、松島桂樹理事長)は、7月29日、第1回 クラウドサービス認定証授与式を開催した。CSPAは、中小企業の視点で、安心かつ効果的なクラウドサービスのビジネス活用の推進を目的として、2013年8月に設立された。式典では、中小企業の経営を支援する良質なクラウドサービスを審査・認定する「クラウドサービス認定プログラム」で認定された9つのクラウドサービスに、認定証が授与された。会場には関係者約30名が出席した。

CSPAの松島桂樹理事長(写真右から5人目)と認定された企業の代表

 クラウドサービス認定授与式の開催は、今回が第1回目。「中小企業が安心して利用できるクラウドサービスの促進」を目指し、クラウドサービス認定プログラムとして、2015年4月27日から5月31日までの期間でクラウドサービスを募集した。経営、運用、SLA(サービス品質保証)、技術、取引の整備状況、サービス体制などの視点から審査を行い、7月3日に認定されたクラウドサービスを公表、「業務系サービス」として4つ、「情報系サービス」として4つ、「開発系サービス」として1つ、合計9つのクラウドサービスが認定された。

 授与式では、松島理事長が「認定されたクラウドサービスを、中小企業向けのベストナインとして、広く告知していく」と語り、今回認定された9つのサービスをはじめ、多種多様な優れたサービスがあることを中小企業に向けて強調していきたいとの意向を示した。

 また、CSPAの連携団体であるITコーディネータ協会の播磨崇会長は、「(クラウドサービスの)品質を第三者の立場で評価、認定する取り組みは、中小企業の経営者にとって必要」と述べ、クラウド利活用を考えたときのスピーディな決断を行う一助になると、同プログラムの意義を語った。同プログラムの審査委員長を務めた、CSPAの高島利尚副理事長は、今回の審査では「中小企業が安心して使えるかどうか」に重点を置いたと説明。認定された事業者へ向けて、「中小企業にとって、使ってメリットがみえるような情報の提供、また問い合わせへのよりきめ細やかな対応を心掛けてほしい」と語った。

 なお、認定されたクラウドサービスは以下の通り。

・業務系サービス
スマイルワークス「ClearWorks」
日本オプロ「OPROARTS」
富士通システムズ・イースト「AZCLOUD SaaS FoodCORE」
共同印刷「証明写真ソリューション」
・情報系サービス
日本技芸「rakumoソーシャルスケジューラー」
富士通マーケティング「FUJITSU Cloud AZCLOUD Iaas ファイルサーバ」
サイボウズ「サイボウズ Office on cybozu.com」
富士ゼロックス「SkyDeskサービス」
・開発系サービス
BlueMeme:ブルーミーム「OutSystems Platform」

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)