ページの先頭です。

2015/10/01 11:00

ニュース

KS-SOL、電力CIS「NISHIKI」のクラウド版サービスを提供開始

 関電システムソリューションズ(KS-SOL、山元康裕社長)は、電力顧客情報管理システム(電力CIS)「NISHIKIバージョン1.0」をリリースし、10月1日にクラウド版のサービスの提供を開始した。今回、このサービスによる第一弾の顧客として、かんでんEハウス(Eハウス、山本龍毅代表取締役)が、「電気料金計算」システムとして利用を開始した。

 Eハウスでは、NISHIKIのシステムを利用することにより、同社が「高圧一括受電」しているマンションで、30分単位でスマートメーターから電気使用量データを受け取り、電気料金を計算して入居者に請求できるようになった。

 今回、NISHIKIクラウドサービス版の四つのサブシステムのうち、「料金計算」のみを利用することで、電気料金計算のシステムをEハウスの既存の自社システムに連携して短期間に導入することができ、また、他の電力CISフルパッケージシステムを導入するよりも低価で利用が実現できたことが、メリットとなった。

Eハウスの「NISHIKI」クラウドサービスによる電気料金計算のシステムイメージ

 現在、KS-SOLでは、16年4月の電力小売り自由化に向けて、NISHIKIの導入を進めているが、今回リリースしたバージョン1.0によるクラウドサービス版を先行して開始し、その後オンプレミス版(顧客システム環境に導入)も順次提供していく予定。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月16日付 vol.1628
エンジニアじゃなくてもわかる ブロックチェーン超入門(2)
国内でもマーケット立ち上げの動き 宝の山を掘りあてるのは誰だ?

2016年05月16日付 vol.1628 エンジニアじゃなくてもわかる ブロックチェーン超入門(2)<br />国内でもマーケット立ち上げの動き 宝の山を掘りあてるのは誰だ?

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)