ページの先頭です。

2015/12/17 09:23

[週刊BCN 2015年12月14日付 Vol.1608 掲載]

ニュース

日本ワムネット オンラインストレージが2年連続のシェアNo.1 国産サービスの強みを発揮

 調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)が2015年11月に発行した「ITR Market View:ファイル共有・転送/コンテンツ管理市場 2015」において、日本ワムネット(石澤幸信社長)の企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP/OFFICE」が、「2014年度オンラインファイル共有市場」のベンダー別売上金額とシェアでNo.1となった。同カテゴリでの首位獲得は、昨年に続き、2年連続の快挙となる。

日本ワムネット
石澤幸信
代表取締役社長
 シェアNo.1となった要因として、石澤社長は次のように分析している。「オンラインファイル共有は、どこも同様の機能を提供しているため、違いがわかりにくい。ただ、ファイル利用のログ管理機能やトレーサビリティなど、現場での運用に最適な機能を装備していて、しかも使いやすいということで採用されることが多い」。

 国産サービスという強みもある。社内のデータを外部に預けるということは、高いセキュリティ対策が求められるだけでなく、ユーザー企業のルールに則った多くの要件が提示される。「ユーザー企業の要望に応えるかたちで常に機能アップをしてきている」。そうした積み重ねもあって、この1年の大きな動きとしては、金融機関や学校関係での採用が増えたという。「金融機関では、支店間でのファイル共有基盤として採用されることが多いが、金融機関と顧客とのファイル共有にも使われるようになってきている」。すでに多くの実績があることから、金融機関がオンラインファイル共有基盤に求める“ツボ”も把握できているとのことである。

 オンラインファイル共有市場での地位を盤石にするべく、日本ワムネットは現在、“ファイルを渡さないファイル共有”サービスの「GigaCC View」に注力している。実データを送信せずに、ウェブブラウザによるファイルの閲覧を実現するサービスである。ファイルの不正利用防止や著作権保護、公開前の確認用などのニーズに応える。また、閲覧したページや時間などのログ管理機能も装備している。「GigaCC Viewは、引き合いが増えている。要望の多いGigaCC ASPとの連携についても、来年の対応を予定している」と石澤社長は話す。

 また、他社のサービスとの連携にも、今後は注力していく考えだ。10月27日には、ファルコンシステムの認証システム「WisePoint Shibboleth」との連携を発表している。また、マイクロソフト「Office 365」のモバイル版との連携も予定している。

 「ファイル共有は提案しやすいため、パートナー企業ではドアノックツールにするケースも多い」と石澤社長。機能強化を継続的に行い、パートナーとともに、オンラインファイル共有市場を盛り上げていく考えだ。(畔上文昭)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)