ページの先頭です。

2016/02/18 09:20

[週刊BCN 2016年02月15日付 Vol.1616 掲載]

ニュース

中科曙光とVMware 重慶に合弁会社を設立 まずクラウドOSをリリース

 中科曙光(Sugon)とVMwareは、中国に合弁会社を設立する。中科曙光が有する中国市場の経験・ノウハウとVMwareの仮想化技術を組み合わせて、クラウド関連ソリューションを提供していく。

 両社は昨年10月から合弁会社の設立に関する協議を進め、1月27日に正式に契約を結んだ。新会社の社名は「中科睿光軟件技術」(仮名)で、重慶市に設立する。資本金は2000万米ドルで、出資比率は中科曙光が51%、VMwareが49%となる。

 2016年にはまず、VMwareの仮想化技術を用いて中国市場向けのクラウドOSをリリースする。その後は、中科曙光の技術・ノウハウを活用し、ストレージやネットワークの仮想化など、次世代のクラウド管理システムを開発していく構想だ。両社の合弁会社への投資総額は5000万米ドルを予定している。VMwareは、14年に今後5年間で中国に10億米ドルを投資することを明らかにしており、今回の合弁会社は投資の一環となる。

 中科曙光は、中国科学院計算技術研究所系のハードウェアベンダーで、14年度(14年12月期)の売上高は約27億9675万元。スーパーコンピュータの開発を得意分野としている。15年11月に発表されたスーパーコンピュータの世界ランキング「TOP500」では、49システムをランクインさせてベンダー別シェア3位を獲得している。

 また同日、中科曙光は重慶市と戦略提携契約を結んだ。合弁会社を通して、今後は同市のクラウド産業を発展させていく。重慶市はスマートシティやクラウド関連の取り組みに力を入れており、15年のソフトウェア・情報技術サービス業の売上高は前年比22%増の1650億元と、中国全体の成長率を上回っている。なお、日系ではNECが重慶市とスマートシティ・クラウドサービス分野に関して戦略提携しており、13年10月には100%子会社のNEC(重慶)信息系統を設立している。(真鍋 武)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)