ページの先頭です。

2016/03/01 14:34

ニュース

フォトロンメディカルイメージング、医療向けに適した透視像録画システム

 フォトロンメディカルイメージング(八木秀忠社長)は3月1日、循環器向け/脳神経血管内治療向けに適した透視像録画システム「KadaーRec2」を3月18日に発売すると発表した。

 「KadaーRec2」は、透視像などの映像を取り込み、動画ファイルとして記録を行う映像収録システムで、長時間の映像の収録とその映像の二次利用を簡単に行うことができる。収録映像をMPEG4(H.264)形式の汎用的なフォーマットで保存するため、WindowsやMacなどさまざまな環境で容易に映像閲覧・編集作業を行うことができる。

 また、解像度1920×1080pixelの映像信号を最大4系統同時に取り込むことができ、脳神経血管内治療の記録として、必要とされる透視像をすべてオリジナルの画質のまま収録することができる。そのほかX線曝射と連動した映像収録や検査情報による映像管理、サムネイルに連動した動画を最大4画面まで同時に再生することができる。

 製品ラインアップは、DVI×2系統の「KadaーRec2 2channel」とDVI×4系統の「KadaーRec2 4channel」の2モデルを用意している。同社では、「KadaーRec2」を、DICOMデータをトータルにサポートするKadaーSolutionに新たな価値を加える検査映像の記録・管理システムとして、医療関係者向けに提供していく方針。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月19日付 vol.1645
マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

2016年09月19日付 vol.1645 マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)