ページの先頭です。

2016/03/02 15:10

ニュース

ミラクル・リナックス、CentOSユーザー向けの新サポートサービス

 ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、CentOSのユーザーを対象とした新サポートサービス「Linuxセキュリティサポート for CentOS」と「Linuxエンタープライズサポート for CentOS」の提供を3月1日に開始した。

 Linuxセキュリティサポート for CentOSは、利用中のCentOSに対して、重要なぜい弱性に関する危険を通知するサポートサービス。CentOSのErrata情報、ぜい弱性情報データベースCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)上ハイスコアとなる重大なぜい弱性と対処方法についてメールを配信する。また、ぜい弱性情報データベース上ハイスコアに関する情報については、ユーザーからの問い合わせに対応し、ユーザー環境の該当確認や、推奨バージョンなどを回答する。

 Linuxエンタープライズサポート for CentOSは、物理環境や仮想環境だけでなく、AWSやMicrosoft Azureをはじめ、さまざまなクラウド環境上で動作するCentOSに対して提供するエンタープライズレベルのサポートサービス。同社サポートセンターのエンジニアがユーザーからの問い合わせに対応し、CentOSに関する障害解析、対応方法、適用パッチ情報、解決策を提示し、ユーザーのシステムの安定運用を支援する。

 税別価格は、Linuxセキュリティサポート for CentOSが年額10万2000円/1メールアドレス。Linuxエンタープライズサポート for CentOSが1年で5万4000円/1インスタンス(物理環境)または2VM(仮想環境)、3年で9万4800円/1インスタンス(物理環境)または2VM(仮想環境)、5年で12万6000円/1インスタンス(物理環境)または2VM(仮想環境)。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)