ページの先頭です。

2016/03/10 09:19

[週刊BCN 2016年03月07日付 Vol.1619 掲載]

ニュース

ウォッチガード 新製品を続々と市場投入 すべてのレンジでFireboxを展開

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は今年に入り、次々と新製品を発表している。1月には、無線LANアクセスポイント「AP300」、2月には、UTM(統合脅威管理)アプライアンス「Firebox」シリーズから、小規模企業・分散拠点向けの「Firebox T30/T50」、3月にはエンタープライズ向け「Firebox M4600/5600」と、3製品を立て続けにリリース。性能と価格のパフォーマンスを両立し、すべての企業規模をカバーする製品ラインアップで、販売パートナーとともにユーザーへの訴求を強化していく方針だ。

正岡 剛
プリセールスエンジニア
 アクセスポイントのAP300は、無線LAN最新規格の802.11acに対応。VoIP端末との通信品質を改善する「ファストローミング」や、信号強度の低いクライアントを強制的に切断し、より電波強度の強いアクセスポイントへの接続を促す「ファストハンドオーバー」、5GHz帯の利用を可能にする「バンドステアリング」などの機能を実装。Fireboxをコントローラとして連携することで、各種セキュリティ機能を実装し、セキュアで高速な無線LAN環境を提供する。

 UTMアプライアンスのT30/T50は、それぞれ「XTM25/XTM26」と「XTM33」の後継機。PoE(パワーオーバーイーサネット)ポートを標準装備しており、AP300と併用すればAP300に対して電源供給できるとともに、セキュアで広範囲な無線LANネットワークを利用することができる。また、設置作業を容易にする「RapidDeploy」機能や、リアルタイムにネットワークセキュリティ状況を把握できる「Dimension」機能を無償で利用できる。T30/T50の販売対象は、目安として約35ユーザーまでの小規模ユーザーや大企業の支社とオフィス、IT管理者が不在の小規模ユーザー向けMSSP(マネージドセキュリティサービスプロバイダ)などを想定している。

 最上位モデルのUTMアプライアンスM4600/5600はそれぞれ、「XTM800シリーズ」、「XTM1500シリーズ」「XTM2520シリーズ」の後継機種。ネットワーク拡張ベイや冗長電源を実装。高速かつ柔軟なネットワークを備えており、同社製品のなかでも「最高」の性能としながら価格を抑え、「圧倒的な価格パフォーマンスを実現している」(システムエンジニア部の正岡剛・プリセールスエンジニア)という。対象となるマーケットはそれぞれ、M4600は教育機関や地方自治体、大企業の支社オフィスなど約1500ユーザー規模。M5600は、小中規模の大学キャンパスや大企業本社など約1500から7500ユーザー規模を想定。「本部拠点に導入し、拠点間の“ハブ”として機能させることに最適な製品」(同)だという。

 また、「一昨年より、XTMシリーズからFireboxシリーズへと、ブランドの移行を進めてきており、このM4600/5600ですべての移行が完了した」(同)として、同社では今後、パートナーと連携し、あらゆる規模のマーケットに対してFireboxシリーズの販売を強化していく構えだ。(前田幸慧)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)