ページの先頭です。

2016/03/17 09:25

[週刊BCN 2016年03月14日付 Vol.1620 掲載]

ニュース

テンセントの馬化騰氏 全人代で五つの建議提出

【北京発】SNSアプリ「微信(WeChat)」などを提供する騰訊(テンセント)の馬化騰・董事局首席兼CEOは3月3日、全国人民代表大会(全人代)の開催に合わせて北京で記者会見を行い、同大会に建議を提出したことを明らかにした。馬・董事局首席兼CEOは、全人代の代表を務めている。

テンセント
馬化騰
董事局首席兼CEO
 建議は、「互聯網+」行動計画のさらなる推進、共有経済の促進、モバイルインターネットにおけるセキュリティ体系の構築、インターネットを活用した新興技術の利用推進、デジタルコンテンツ産業の発展をテーマとした五つ。このうち、セキュリティ関連の建議について馬・董事局首席兼CEOは、「インターネット産業の第一線の従業者として、情報セキュリティだけでなく、インターネット詐欺、つまり犯罪者による『互聯網+』に大きな関心をもっている。いかに管理するのかが現在、重要な課題になっている」と説明。「互聯網+」の推進にあたっては適切なセキュリティ体系が必要なことを示した。(真鍋 武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)