ページの先頭です。

2016/03/29 17:32

ニュース

A10、集約型セキュリティソリューションを統合したプラットフォーム製品

 A10ネットワークス(A10、川口亨社長)は、アプリケーションサービスゲートウェイ「Thunderシリーズ」の新しい製品ラインとして、複数の集約型セキュリティソリューションを業界で初めて統合した“ハイパフォーマンスセキュリティプラットフォーム”「Thunder CFW(Convergent Firewall)」を3月28日に発売した。

 Thunder CFWは、独自の「ACOS(Advanced Core Operating System)Harmonyプラットフォーム」上で構成されており、大企業やモバイル通信事業者、データセンター向けに、セキュリティとアプリケーションネットワーキングに必要な機能を単一アプライアンスに集約した、これまでにない新しい分野のセキュリティプラットフォーム。

 大企業向けには、明示型プロキシ(Explicit Proxy)、URLフィルタリング、SSL通信可視化機能(SSLインサイト)を統合した高性能なセキュアウェブゲートウェイ機能を提供する。URLクラシフィケーション機能により、130億件以上のURLを83のカテゴリに分類し、悪意のあるウェブサイトへのアクセスを監視、ブロックすることができる。また、すぐれたSSLトラフィックの可視化機能によって、シングルパスでのSSL復号処理と可視化を複数のセキュリティデバイスに対して実行し、SSL通信を含むトラフィック全体の検査・攻撃防御を可能とする。

 モバイル通信事業者向けは、DDoS防御機能とIPv4枯渇対策/IPv6移行機能(CGN)を統合したGi/SGiファイアウォール機能を提供する。1台で最大220Gbpsのスループットを実現し、IoTや5Gデータサービス時代の到来により増加し続けるセキュリティ上の脅威から、モバイル通信事業者のLTEインフラを保護する。

 データセンター向けには、DDoS防御機能とアプリケーション配信(ADC)機能を統合したハイパフォーマンスなデータセンター向けファイアウォール機能を提供。レイヤ4のステートフルファイアウォールとレイヤ7のアプリケーションレベルゲートウェイ(ALG)を提供する。ネットワークやウェブアプリケーション上の脅威やマルチベクトル型DDoS攻撃からデータセンターアプリケーションを保護する。

 また、サイト間のアプリケーショントラフィックを、IPSec VPNで保護することで、グローバル企業はパブリックネットワークを使用してアプリケーショントラフィックをセキュアに転送可能となる。IPSecやファイアウォール、ロードバランシングを1Uのきょう体に統合し、100Gbps以上のトラフィックを暗号化することができる。高速な暗号化処理により、クラウドとのハイブリッド構成にも対応可能となっている。

 製品ラインは、利用形態に合わせ、セキュリティポリシーの適用を高速化するSPEハードウェア搭載モデルを含む計8種のモデルで提供する。フラッグシップモデルである「Thunder 7440(S)CFW」は、1Uで220Gbpsスループット、同時接続数2億5600万、毎秒650万接続(CPS)を実現するDC FW機能をはじめとした、高性能な集約型セキュリティ機能を提供するほか、実績あるアプリケーション配信(ADC)やIPv4枯渇対策/IPv6移行(CGN)機能などアプリケーションネットワーキング機能も包含している。

 価格はオープン。なお、集中管理システム「aGalaxy」によるThunder CFWシリーズの管理は、6月までにサポートする予定。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)