ページの先頭です。

2016/04/20 11:00

ニュース

クラウディアンなど4社、ディープラーニングを活用した屋外広告の実証実験

 電通(石井直社長)とクラウディアン(太田洋代表取締役)、スマートインサイト(町田潔社長)、Quanta Cloud Technology Japan(Mike Yang会長)の4社は4月20日、インテル(江田麻季子社長)の協力のもと屋外広告実証実験プロジェクト(OOHプロジェクト)を発足し、ディープラーニングを活用した先進的な屋外広告実証実験を開始すると発表した。

 今回のOOHプロジェクトでは、今までターゲティング広告が難しいといわれていたデジタルサイネージの屋外広告分野で、ディープラーニングによる人工知能(AI)と、IoT(Internet of Things)が集める膨大な映像情報と属性情報、高速にビッグデータを保存・分析する最新ソフトウェア技術、性能と経済性の高いハードウェアを最適に組み合わせて活用し、屋外広告でのターゲティング広告の実用化を目指す。

 第一弾として、屋外設置ビデオカメラの映像からリアルタイムに車種を判別し、その車種の所有者の関心が高いと思われる広告を、道路沿いのデジタルサイネージに表示する実証実験を都内で実施する。今までは事前に決められたスケジュールに従って流していた屋外広告を、ディープラーニングを用い自動車のメーカー名、車種の分類、モデル名などを高精度でリアルタイムに認識・判別することによって、対象の自動車ごとに最適化された内容で、タイミングよく表示していく。

 また、デジタルサイネージへの広告配信だけでなく、時間帯別・車種別交通量や走行速度も自動的に計測し、数値化することが可能になるため、従来の人手による計測データとは異なり、常時正確な交通量の把握ができるようになる。これによって、詳細な媒体価値の測定はもとより、さらに汎用的な交通量調査にも応用範囲が期待できる。

 今後は、自動車のターゲティング広告とショッピングモールや観光地での行動アトリビュート連動や、自動車に加えて人(消費者)の行動分析などについての実証実験も計画している。

 なお、同プロジェクトでは、ディープラーニングをCPU上で高速演算するために、インテルから次世代高速ベクター処理技術の支援を受けている。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)