ページの先頭です。

2016/11/16 09:18

[週刊BCN 2016年11月07日付 Vol.1652 掲載]

ニュース

Coltテクノロジーサービス 通信キャパシティを10倍へ APAC地域で顧客数の倍増を目指す

 Coltテクノロジーサービス(日置健二社長)は、向こう約1年で首都圏と関西圏のネットワークの接続拠点数を1.5倍に、通信キャパシティを10倍に増やす。クラウド型のサービスや、IoT/ビッグデータの需要拡大に伴い、毎秒10ギガビットを超える広帯域ネットワークの必要性が高まっていることに対応するものだ。同社では通信キャパシティの拡大によって、100ギガビット級の広帯域ネットワークサービスも短期間で提供できるよう通信基盤を増強する。

日置健二
社長
 同社はアジア太平洋地域で「数億ユーロ規模の投資」(日置社長)を決めており、今回の投資もその一環。ほかにも、首都圏と関西圏を結ぶ基幹回線を二重化したり、海外と接続する海底ケーブルとの接続点を現在の3か所から4か所に増やす。さらに、2017年末までに千葉県印西市の第2棟目となるデータセンター(DC)新棟を竣工させる予定。新棟は1500万VAの電源容量(ラック換算で約2500ラック相当)の大型のもので、広帯域ネットワークと大規模DCによって顧客のニーズに応える。

 10月下旬に来日した英本社のカール・グリブナーCEOは、「欧州では、大規模なクラウドサービスベンダーがDCの主要な顧客として存在感を増しており、アジア成長市場ではDCやネットワークそのものの需要が勢いよく伸びている」と、世界の市場動向を分析。一方、国内では従来の主要顧客層である金融系の顧客の底堅い需要に支えられると同時に「産業系の高規格DCや広帯域ネットワークに対するニーズが高まっている」(日置社長)と話している。

 今回の一連の投資によって、アジア太平洋地域における直近の約2200社の顧客数を、向こう3年で倍増させていく計画だ。(安藤章司)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)