ページの先頭です。

2016/11/16 09:20

[週刊BCN 2016年11月07日付 Vol.1652 掲載]

ニュース

セゾン情報システムズ データ連携ミドルウェア「HULFT」ビジネスが拡大中! キーワードは「グローバル」「IoT」「データガバナンス」

 セゾン情報システムズ(内田和弘社長)のデータ連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」の進撃が止まらない。毎年、新規ユーザーを順調に獲得しており、今年9月時点で、導入企業数は世界43か国8600社、販売本数は累計18万5000本を数える。すでにこれだけのユーザーを抱えながらも、海外展開の強化や、IoTをはじめとした新たな領域へ向けた取り組みを積極的に行っている。同社のHULFT事業は今後も勢いを増していきそうだ。

全世界でユーザーを獲得 海外ビジネスをさらに強化


 セゾン情報システムズの主力製品であるHULFT。製造、小売り、情報通信業界を中心に、幅広い業界で利用されている。国内に目を向けると、全国銀行協会の正会員銀行、日本自動車工業会の会員企業ではともに導入率100%を誇っている。昨年からは、HULFT認定資格制度や、HULFTユーザー向けのコミュニティ「HULFT OrangeLab.(ハルフト オレンジラボ)」といった取り組みを開始し、HULFTをより快適に使ってもらうための仕組みづくりによってユーザーへの訴求を図っている。

小野和俊
常務取締役CTO
 海外では今年4月、新たに北米拠点としてシリコンバレーに現地法人を開設した。「昨年9月に開催された米アマゾン ウェブ サービス(AWS)の年次イベントにおいて、AWSのビジネスパートナーとして表彰されるなど、HULFTは世界でも高く評価される課題解決手段となっている。そうした背景から、より一層のグローバルビジネスの強化に向けて、北米拠点を設立した」と小野和俊・常務取締役CTOは説明する。スタッフは現地採用で集め、北米地域での本格展開に動き出している。

 また、昨年4月に開設したシンガポール拠点についても、「順調に現地販売代理店を獲得し、ビジネスを加速させている」(小野CTO)と話す。ASEAN市場でのビジネスも着実に伸びているようだ。

IoTでも安心安全確実なデータ転送を実現する

 「『確実にデータを送るならHULFT』という認知が広がってきている」と語る小野CTO。今度はそれをIoTでも実現するため、今年9月、製造業向けにIoTに特化したデータ連携基盤「HULFT IoT」の提供を開始した。HULFT IoTは、制御装置やIoTゲートウェイにインストールする「HULFT IoT Agent」と、エージェントを管理する「HULFT IoT Manager」で構成され、制御装置やIoTゲートウェイなどからあがってくる大量のデータを、VPNや3G/LTE回線を通じて転送する。また、データ連携(EAI)ツール「DataSpider Servista」を併用することにより、ノンプログラミングで基幹システムやアプリケーション、データベースなどとシームレスに連携することが可能になる。

 また、IoT領域への参入にあたっては、他社とのアライアンスにも力を入れており、すでにソラコム、東海ソフト、GMOグローバルサイン、日本システムウエアといった企業との協業を発表している。「HULFT IoTの提供にあたっては、今までとは異なる新たなパートナーが必要になる。SIパートナーやOEMメーカーとのアライアンスを着々と進め、今はIoTビジネスの土壌をつくっている段階だ」と小野CTOは語る。PoCが進んでいる企業もあるといい、HULFT IoT拡販への気運が高まりつつある。

 セゾン情報システムズが行ってきたこれまでのHULFTビジネスについて、「IoT、クラウド、ビッグデータなど、世の中のトレンドをタイムリーに捉え、それに対応する製品をリリースしてきた」と小野CTOは振り返る。そして今、「“データガバナンス”に関する新しい取り組みを始めている」と打ち明ける。詳細については今後明らかになるとのことだが、同社のビジネスがまた新たな領域へと拡大していく様相をみせている。(前田幸慧)

今年も開催!「HULFT DAYS 2016」

 セゾン情報システムズでは、ユーザー企業やSIer、ディストリビュータなどを対象に、HULFTシリーズの製品情報や導入事例などを紹介する毎年恒例のイベント「HULFT DAYS 2016」を、大阪、名古屋、東京の3都市で開催する。

 イベントのテーマは「つながる価値、ひろがる未来。~DREAM~」。基調講演では、「デジタルビジネスのインパクトとシステム連携基盤の重要性」と題し、アイ・ティ・アールの内山悟志代表取締役(大阪)と甲元宏明プリンシパル・アナリスト(名古屋・東京)が登壇する。メインセッションでは、「HULFTで実現する新たなデータガバナンスへの挑戦」と題して、小野CTOが講演を行う。そのほか、グンゼ(大阪)、豊通シスコム(名古屋)、ファンケル(名古屋・東京)、みずほ情報総研(大阪・東京)が各会場で最新導入事例を紹介するなど、見どころが満載。セゾン情報システムズの新たな取り組み「データガバナンス」に関する発表も予定している。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)